年齢別妊娠率は20代がピーク!40才を過ぎると妊娠しにくくなる!
124views

年齢別妊娠率は20代がピーク!40才を過ぎると妊娠しにくくなる!

年齢別妊娠率とは、年代ごとに見た妊娠率のことです。人間の妊娠率は1周期で約20%と言われています。タイミング療法を取り入れて妊活した場合、妊娠率は1年で9割のカップルが妊娠することが出来ます。しかし35才を過ぎると卵子の老化が急激に進むため、妊娠出来る可能性も低下していきます。

年齢別妊娠率とは?

そもそも妊娠率とは一体何?

そもそも妊娠率とは一体何?

_MG_0115 / DioBurto https://www.flickr.com/photos/diophoto/6891526058/

妊娠率とは妊娠出来る確率のことです。

妊活中の方であれば、1周期の妊娠率は、約20%です。妊活を開始してから、半年では81%、1年では92%です。

人間の妊娠率は低い!

人間の妊娠率は低い!

哺乳動物の妊娠率は高いのに対し、人間の妊娠率はとても低いです。

ネズミの場合だと、妊娠率はほぼ百パーセント、チンパンジーの場合だと、70%であるのに対し、人間の周期当たりの妊娠率はかなり低いと言えるでしょう。

哺乳類の中で人間の妊娠率が低い理由とは

人間の場合、身体が健康なカップルでも、すべての精子や卵子が完全であるというわけではありません。

精子や卵子の中は、ある一定の割合で染色体異常があります。そのため、もし染色体異常があった場合、精子と卵子は結びつくことはなく、もし結びついても、受精卵が着床出来なかったり、流産してしまう場合がほとんどです。

健康な精子と卵子が結びつかなければ妊娠することが出来ません。また加齢とともに染色体異常の確率も増していくため、さらに妊娠率が低下していきます。

35才を過ぎると、染色体異常の発生率も高まっていくため、子供が欲しいのであれば、出来るだけ20代か30代の若いうちに妊娠した方がよいでしょう。

積極的に妊活をして1年以内で約9割が妊娠出来る

積極的に妊活をして1年以内で約9割が妊娠出来る

Pregnancy Test / http://snow.ipernity.com https://www.flickr.com/photos/isnow/5700736622/

ドイツで346組のカップルに対し、タイミング療法を積極的に取り入れて、妊活したら、約9割のカップルが1年以内に妊娠することが出来ました。1周期目では約4割が、3周期目では約7割、6周期目までは8割が妊娠出来ました。

これはタイミング療法を取り入れ、積極的に妊活をしたため約9割が妊娠出来たのであって、通常のカップルの場合、タイミングが合わない時期に性交を行っていることが多いため、妊娠率が低下してしまう場合がほとんどです。

年齢別妊娠率とは?

年齢別妊娠率とは?

卵子の質の低下が進みます

年齢別妊娠率とは、年齢ごとに見た妊娠率のことです。25才から30才の場合だと25%から30%、35才の場合だと18%、40才だと5%になります。

44才を過ぎると、妊娠率は1%に

30代後半から40代にかけて、卵母細胞数の数が激減していきます。44才を過ぎると、妊娠出来る可能性は1%になってしまうのです。この原因はすべて卵子の老化にあり、卵子の数は約十分の一まで低下していきます。

体外受精を行った場合の年齢別妊娠率とは

体外授精を行った場合の妊娠率は25才で40%、32才までで37%、40才を過ぎると20%、45才では5%以下になります。35才を過ぎると体外受精による妊娠率も低下してしまうため、不妊治療をするのであれば、35才ぐらいまでが望ましいのかもしれません。35才を過ぎると、妊娠することが出来ても、卵子の老化などが原因で、流産のリスクも高まっていきます。

妊娠率が低下していても望みはあります

妊娠率が低下していても望みはあります

妊娠率を少しでも高めるには

加齢とともに妊娠率が低下していくのは仕方がないことかもしれませんが、妊娠率を少しでも上げるために出来ることがあります。

標準体重に近づける

太り過ぎの場合、妊娠しにくくなるので、出来るだけ標準体重に近づけましょう。肥満が原因で排卵障害が起こったり、妊娠することが出来ても、流産のリスクも出てきます。

身体を温める

身体が冷えると、黄体ホルモンの分泌が減るため、妊娠しにくくなります。

そこで妊娠したい方は、身体を温め、血流をよくするようにしましょう。腹巻をつけたり、靴下を履く、湯船に浸かるようにするなど、身体を温めるようにすると、黄体ホルモンや卵胞刺激ホルモンの分泌を高めてくれますので、妊娠しやすくなります。

PR