赤ちゃんが欲しい!自分でできる精子を元気にする方法を試してみて!
142views

赤ちゃんが欲しい!自分でできる精子を元気にする方法を試してみて!

男性側の不妊の原因では精子の量が少なかったり、精子自体の元気が無かったりすることが多くあります。病院での治療にプラスして自分で意識的にできる精子を元気にする方法をご紹介したいと思います。子供が欲しいと本気で考えている方、パートナーを支えたいという方にオススメです。

精子を元気にする方法が知りたい!

精子を元気にする方法が知りたい!

不妊と言われると女性側の体の問題が多いような気がしますが、男性側の問題であることも多くなってきています。

精子の質は加齢に伴って低下していきます。晩婚化に伴って、子どもが欲しい男性の多くが精子に問題を抱えるようになってきており男性の不妊症がどんどん増加しています。

男性の不妊の原因は、精子の量が少なくなる精液減少症や乏精子症、精液の中に精子自体が見られない無精子症などがあります。これらの症状が現れる原因にはストレスなど様々なことが考えられます。

体の構造の問題である時もありますが、早く健康的な精子を手に入れるためには病院の治療に加えて精子のために自分でできる方法を試していくことが大切です。

まずは精子のことについて良く知っておきましょう

まずは精子のことについて良く知っておきましょう

精子は男性の睾丸の中にある精巣という場所で作られています。

タンパク質からできていて74日間をかけて精子になっていきます。精子は一日に5,000万から1億個ほど作られています。1回の射精で1億から4億個の精子を出すことができると言われているので2から3日に1回射精するのが適度な頻度とされています。

射精されなかった精子は尿と一緒に排出されます。元気な精子とそうでない精子の違いはどれくらい運動できているかという点で判断します。精子がしっかり動けないと卵子にまでたどり着くことができません。精子自体の数が多くても動ける精子が少なければ意味がないのです。

元気な精子を手に入れるためには・・!?

射精された精子が卵子にたどり着くまでの距離は私たちが月に行くのと同じくらいの距離だと言われています。そんな果てしない距離を進み続けることができ、見事卵子と出会うことができる精子をつくるためにはどうしたら良いのでしょうか?

定期的に精子を出すことが大切!

5eb729e0c184a1f3cd6c8bcea0a94d72_s カップル 夫婦生活 ベッド 男女

精子は毎日作られているのでどんどん精巣に溜まっていきます。精子の寿命は24時間から27時間と言われているので古くなった精子はどんどん弱っていきます。排卵日付近の期間だけでなく、2から3日に一回は精子を出して常に新しい精子を出すように心がけてください。

パートナーに伝える際には、相手の性格を良く考えてプライドを傷つけないように定期的に精子を出すことの大切さを伝えて下さい。

精子を元気にする食生活に改善!

精子を元気にする食生活に改善!

精子に良い食べ物をたくさん食事に取り入れることによって精子の質がアップします。

精子はタンパク質から作られているので良質なタンパク質を取ることができる食べ物をチョイスするようにしましょう。また、精力をアップさせるために重要な亜鉛や、カルシウムなどの栄養素も積極的に摂るようにしましょう。

良質なタンパク質は赤身の肉、大豆食品、などから摂ることができます。動物性のタンパク質ばかりでなく植物性のタンパク質も食べるようにしてください。亜鉛やカルシウムなどの栄養素をとるためには小魚や、牡蠣、ヨーグルトなどの乳製品があります。

精子を元気にするだけでなく健康のためにも食生活に取り入れてほしい食材ばかりです。パートナーにレシピの提案をしたり、パートナーにこれらの食材をたっぷり使った料理を食べさせてあげてください。

PR