不妊で悩んでいる人は、卵巣年齢検査を受けてみよう。
66views

不妊で悩んでいる人は、卵巣年齢検査を受けてみよう。

卵巣年齢検査をご存知ですか?血液を採取して、卵巣の中に残されている卵子の数を調べる検査です。卵巣年齢が若いほど卵子の数は多いということになりますが、卵巣年齢は実年齢と同じというわけではありません。この検査をすることで、不妊治療をいつまで続けるかや、残された卵子をどのように使うかの判断材料になります。

卵巣年齢と不妊の関係。

卵巣年齢と実年齢は一致しない。

結婚をして、子どもがほしいと願っているのに、なかなか妊娠に至らないという不妊カップルは多いと言われています。

一般的に、女性は年齢が上がると妊娠しづらくなると言われますが、卵巣にも卵巣年齢があるということをご存知でしたか?卵巣年齢は実年齢と一致するものではなく、また見た目が若々しいからと言って、必ずしも卵巣年齢が若いとは限りません。

卵巣年齢と実年齢は一致しない。

卵巣年齢が低いほど、残されている卵子の数が多く、それだけ妊娠の可能性は高いということになりますが、卵子の数だけではなく、卵子の質も妊娠には大きく関係しています。

不妊治療を始めると、いつまで続けるのかということで悩むカップルも少なくないようですが、この検査の結果を見ることで、不妊治療を続ける時期を決める目安になったり、残されている卵子をどのように使うか判断をする材料になるでしょう。

卵子の質も妊娠には大きく関係しています

卵巣年齢検査とは、どんな検査?

卵巣年齢検査とは、卵巣の中に残されている卵子の数を調べる検査で、血液を採取して行います。血液採取のみの検査ですから、食事を制限したり、生理周期によって検査できない日がある、などということはなく、いつでも検査が可能です。

しかし、病院によっては、不妊治療の中の一つの検査としてしか行わないところもありますので、検査を考えている人は、事前に確認しておいた方がいいでしょう。また、この検査には、保険は適用されないため、費用は5000円から10000円くらいかかります。

卵巣年齢検査とは、どんな検査?

卵巣年齢検査は、AMH検査とも言われますが、これはアンチミューラリアンホルモンのことで、検査では血液の中のこのホルモンの値をはかります。

これは、発育の過程にある卵胞から分泌されるホルモンで、原子卵胞から育つ「前胞状卵胞」というもので作られているため、このホルモン値と原子卵胞の数は比例すると考えられ、原始卵胞は卵子の元になるため、このホルモンの値と卵子の数が比例すると考えられているのです。

しかし、卵子の数は、実際の数を数えているわけではなく、アンチミューラリアンホルモンの値から推測される数ですので、値が0だったからと言って、妊娠の可能性が全くないわけではありません。

卵巣年齢検査は、AMH検査とも言われます

妊娠しやすい身体をつくるには。

卵子を老化させないために。

女性が持っている卵子の数は、胎児の頃から決まっているもので、その後新しく卵子が作られるということはありません。

卵子の数を増やすことは、残念ながらできないのですから、妊娠を望むのであれば、現在持っている卵子の質を老化させないよう努力したいものです。

卵子を老化させないために。

また、ある研究によると、体脂肪率が低すぎたり、ビタミンDが不足すると卵子の数が減少するという結果が出ていると言いますから、過度なダイエットはせずに、ある程度の体重は維持したり、サケ、サンマ、ヒラメなどの魚に多く含まれているビタミンDを積極的に摂るようにしたいものです。

さらに、卵子の質を低下させないためには、喫煙は避ける、睡眠をしっかりとって規則正しい生活を送る、食事はバランスよく摂る、ストレスはためないようにする、体を冷やさないようにするなど、健康で妊娠しやすい身体をつくるように心がけましょう。

卵子の質を低下させないために

PR