妊娠力とセロトニンの関係を知って妊活を成功させる!!
42views

妊娠力とセロトニンの関係を知って妊活を成功させる!!

セロトニンは、神経伝達物質なのですが、別名「幸せホルモンと」も言われ、心のバランスを取る働きをします。また、セロトニンは、自然妊娠をするために必要な物質であるとも言われています。そこで、ここでは、妊娠力とセロトニンの関係を詳しく知り、セロトニンをたくさん出して妊活を成功させる方法を教えます!!

セロトニンとは??

「セロトニン」は、睡眠ホルモンとしてい知られている「メラトニン」の材料と言わています。「メラトニン」は、睡眠の質を高めるのはもちろん、卵子へ大きな働きをするという事も分かっています。

要するに、メラトニンは、卵胞内で抗酸化物質として働き、卵子を守るのです。従って、メラトニンを人工的に摂取すると、受精率や妊娠率が上がるとの報告もなされています。

そのため、メラトニンを作りだすセロトニンは、妊娠力をあげるために必要不可欠なものであると言われているのです。

セロトニンとは??

妊娠力とセロトニンやメラトニンの関係は、とても深いものがあります。また、セロトニンは、うつ病の発症とも関係がありますよ。

セロトニンの驚くべき効果は??

セロトニンが増えると、前述した通り、メラトニンもたくさん作られ、妊娠力が上がるのはもちろん、気持ちが前向きになり、自信にあふれ、適応力が上がり、穏やかになりますよ。

セロトニンの驚くべき効果は??

セロトニンを増やし妊娠力をあげるには??

タンパク質やビタミンB6を積極的に摂取しよう!!

セロトニンを増やすには、肉や魚、卵や乳製品、豆腐などの摂取を積極的にしましょう。

これらは、豊富なタンパク質が含まれ、体内に取り込まれた後、脳でセロトニンへと変化します。日頃からタンパク質が不足している時は、食事の内容を見直すと良いでしょう。

また、ニンニクや鳥ひき肉、豚肉、イワシやマグロなどの肉や魚に含まれているビタミンB6もセロトニンの分泌を促し、妊娠力をあげます。

タンパク質やビタミンB6を積極的に摂取しよう!!

1日に十分なタンパク質やビタミンB6を摂取するには、朝食をしっかり食べることが大切です。バランスを考えて、朝もしっかり食べましょうね。

日光を浴びる!!

セロトニンの量を増やすには、午前中に太陽の光を思い切り浴びることが大切です。

また、冬は日照量が減るので、セロトニンの量も減ってしまいます。意識的に外に出て、太陽の光を浴びるようにしましょう。日中に太陽の光の刺激を脳に与えておくと、夜、質の良い睡眠を得ることができ、自律神経が整いますよ。

日光を浴びる!!

睡眠をしっかりとる!!

日光をたくさん浴びて、タンパク質をしっかり摂取しても、睡眠不足では全く意味がありません。しっかりと眠って、セロトニンの分泌を促しましょう。
睡眠をしっかりとる!!

適度な運動をする!!

1日15分くらい一定のリズムでできる運動をするようにしましょう。

運動を始めて5分くらいするとセロトニンが分泌し、20~30分後くらいにピークになります。従って、少し長めに運動するとより良い効果が生まれます。また、運動することによって、睡眠の質も良くなりますよ。

7efe45007e9b0c2251f1dac0b51e62ef_s 女性 後姿 腰 歩く 外出

運動は、ウォーキングやストレッチ、スクワット、階段の昇り降りでも効果があります。ただし、辛いと感じたらやめるようにしましょうね。運動をして、気持ちいい、楽しい、絶好調!と感じることが大切です。

スキンシップをしてストレス解消しよう!!

セロトニンを増やすには、ストレスを解消することも大切です。

簡単にストレスを解消するには、周りの方とスキンシップを取ることが大事です。毎日30秒のハグだけでストレスが3分の1解消されるとも言われています。

もちろん、スキンシップをする方は、旦那様や好きな人を選んでくださいね。メールや電話でコミュニケーションを済ませるのではなく、おしゃべりしたり、マッサージしたり、手を握ったりしてみましょう。

この効果は、人だけでなく、ペットでも同様の効果を得ることができるので、ペットで試してみても良いかもしれませんね。

スキンシップをしてストレス解消しよう!!

PR