卵子の凍結保存に関するリスクや費用について
155views

卵子の凍結保存に関するリスクや費用について

卵子の凍結保存は未授精の卵子を女性の身体から採取し体外受精を目的として冷凍保存する医療技術のことを指します。さまざまな可能性を持つこの技術ですが、ここでは概要や費用、リスクなどについていくつかまとめてみました。

未知なる可能性を秘めた技術

卵子の凍結保存で体外受精

卵子の凍結保存は体外受精を行う目的で女性の身体から卵子を採取し、それを冷凍保存するという医療技術のことです。保存された卵子は後に体外で精子と受精させることで体外受精が可能となり、そこで誕生した受精卵を母体に戻すことで妊娠が可能となるのです。

若い頃の卵子を凍結保存することによって高齢出産になった際にも染色体異常が生じる確率を低くすることができると言われています。高齢になるとどうしても妊娠しにくくなりますが、この技術があれば若い頃の健康な卵子を使うことができるため妊娠する確率も高いと言われています。

費用はどのくらい掛かるの?

さまざまな可能性を秘めた技術ということで注目している方も多いかもしれませんが、やはり気になるのはその費用ではないでしょうか。一般的に不妊治療にかかる費用は大体250~350万円ほどと言われていますから、それに近いくらいの金額が必要となるのではと考える方もいるでしょう。

卵子凍結に掛かる費用は病院によってまちまちのようですが、大体60万円前後という費用になるそうです。一般的な不妊治療に比べるとリーズナブルと感じる方も多いのではないでしょうか。しかし、注意点として毎年保存費用を支払う必要があるということが挙げられます。また、基本的に自由診療となるため保険適用外となり保険が使えません。つまりすべて実費で支払わなくてはいけないということです。しかも、卵子凍結を行ったあとの体外受精は助成金の対象になっていませんからすべてを合わせると相当な出費を覚悟する必要があります。

どの程度の期間保存できるのか

いくら冷凍保存とはいえ限界があるのでは、と感じている方も多いと思います。冷凍庫で保存している食材がいつまでも食べられるわけではないように、卵子も冷凍できる期間があるのではないかと考えるのはごく自然なことでしょう。では、実際卵子凍結ではどの程度の期間保存することが可能となるのでしょうか。

適切な保存環境を整えているのならほぼ無期限で卵子を保存することが可能だと言われています。そのため、保存可能な期間は基本的にあまり気にしなくてイイようですね。もちろん、保存環境が悪かったり何らかの不具合が起きた時には卵子が使い物にならなくなる可能性もあるでしょう。

卵巣過剰刺激症候群のリスク

あまり聞きなれない病名かもしれませんが、卵子凍結において使用する排卵誘発剤が原因で卵巣過剰刺激症候群という症状を発症してしまうリスクがあります。
腹水や胸水が溜まってしまい、酷いときには呼吸困難に陥ってしまうこともあります。また、血管の中に血栓が生じてしまい、結果合併症を引き起こしてしまう可能性もあると言われています。

採卵時に生じる危険

卵子の凍結保存に関するリスクや費用

卵子を採取する時の手術は慎重に行われます。体内に数多く張り巡らされている血管を傷つけないように卵子吸引用のニードルを使用するのですが、万一血管を傷つけ出血してしまった場合などには開腹して止血をしなくてはならなくなります。こうしたリスクが生じるということも覚えておかなくてはなりません。
また、採卵時に与えられた刺激によって卵巣過剰刺激症候群が生じてしまう可能性もありますからさまざまなリスクがあると言えるでしょう。

PR