女の子の授かり方3つを紹介!性行為の方法やタイミングの他、ピンクゼリーの活用もおすすめ!
7,246views

女の子の授かり方3つを紹介!性行為の方法やタイミングの他、ピンクゼリーの活用もおすすめ!

女の子の授かり方として3つの方法を紹介します。いずれの方法も膣内を酸性に保つことで男の子を産まれにくく、女の子を産まれやすくすることが基本になっています。医学的には、食品によって膣内の酸性度を変わらないと言われているのでその他のセックスの方法やタイミング、アイテムなどを使用しましょう。

ホント?ウソ?女の子の授かり方

男女の生み分け法で女の子の授かり方

男女の生み分け法には昔からさまざな方法が言われてきました。
中には「男性が性行為前にコーヒーを飲むと男の子が生まれる」、「女性が肉を食べると男の子、野菜を食べると女の子が生まれる」など科学的根拠の乏しい迷信のような話もあります。

医学的には食べるもので体のpH値はほとんど変わらず、また膣内のpH値が食事の内容に直接影響を受ける可能性はほとんどないと言われています。

それでは、男女の産み分け方法がまったく無いかというとそうでもありません。
最近では性の営みに関する科学的知見も増えてきて、以前よりは男女の生み分けが可能になったと言われています。しかし、まだまだ確実な方法は見つかっていません。

それでも、信じて行うことで好きな性の子どもを授かることができる可能性は上がるかも知れないのでやってみて損はないでしょう。
今回は女の子を授かるための方法を紹介します。

【1】性行為は淡白に

女の子が欲しい場合、性行為は淡白に済ませるのが良いそうです。
理由は女性がオーガニズムを感じるセックスでは膣内がアルカリ性に傾くために男の子が生まれやすいことがわかっているからです。

妊娠してから男女はいつ決まる?

妊娠女の子の授かり方妊娠後の性別判明時期

妊娠してから男女の判別がつくのはエコー検査で男の子の印が確認できてからです。しかし、実際には赤ちゃんの性別は受精後の成長の中で決定されるのではなく、精子の段階でわかっているのです。

それは精子の中にある22番目の染色体がXYなら男の子、XXなら女の子になると言われています。2種類ある精子のうち、その精子がXXの染色体であれば、その受精卵は女の子が誕生するのです。妊娠は受精卵が子宮に着床することで始まるので、その段階で男女は決まっているのです。

【2】性行為は排卵日から3日以上前に

排卵日前後のセックスは男の子が出来やすい時期です。その理由は排卵日には女性の体内がアルカリ性に傾くことが原因と言われています。

一方、排卵日の3、4日前はやや酸性であるために、この頃に精子が体内に入ってもY染色体の精子は排卵まで生き残る可能性が極めて小さくなることがわかっています。

うっすら陽性反応での性行為で女の子妊娠を目指す!

妊娠女の子の授かり方さまざまな方法

排卵日を知るためには基礎体温だけよりも、排卵日検査薬を使用することでより確実に知ることができます。
女の子が欲しい場合は排卵日検査薬に少しでも陽性反応が出たら性行為の合図です。
排卵日が近づくにつれて陽性反応は徐々に強くなりますが、女の子が欲しい場合には強く反応している時期は性行為を避けたほうが無難です。

【3】ピンクゼリーを使用する

セックスの濃度や時期によって男女の産み分けはある程度可能ですが、より確実性を増すためにはピンクゼリーと呼ばれる女の子を授かりやすくするアイテムを使用してみましょう。

ピンクゼリーは産み分けを指導している産科医から購入することができます。これは性行為前に女性の膣内にピンクゼリーと呼ばれる薬剤を入れることで女の子を授かりやすくするものです。
ピンクゼリーは膣内を酸性に保つため女の子が授かるをの助けてくれます。

一方、男の子が欲しい場合にはグリーンゼリーを利用して膣内をアルカリ性にします。

日本ではできない確実な産み分け法

もっと確実に女の子を産む為には人工授精によって、XXの染色体を持つ精子と受精させた受精卵を着床させる方法があります。この方法なら、確実に女の子を授かることができます。しかし、現在、この方法は日本で行うことはできません。

PR