妊娠検査薬の使用期限が切れてても、まだ使える?
264views

妊娠検査薬の使用期限が切れてても、まだ使える?

妊娠検査薬の使用期限を気にしたことがありますか?1人目で使った残りがまだある人も多いのでは?薬にはそれぞれ使用期限があって、もちろん妊娠検査薬にもありますが、案外まだ使えちゃったりして?妊娠検査薬の仕組みや実例から古いものを使っていいか、調べてみました。

手軽に手に入る妊娠検査薬

販売方法が変わったといっても、ドラッグストアや通販で簡単に手に入る妊娠検査薬。1回分もありますが、コスパを考えて2回分用や3回分用を購入しちゃいませんか?でも妊娠が分かって、残ってしまった検査薬はどうしていますか?

手軽に手に入る妊娠検査薬

残った薬はとっておく?

妊娠検査薬だけでなく、薬箱に飲み残した薬をとっておく人が多いのも事実ですね。これはいつの薬だ?と思うような古いものだがあったり、絆創膏もペタペタになっちゃってるのが出てきたりしませんか?

でもさすがに飲み薬や目薬、皮膚に塗ったりする薬は記載されている使用期限を守ったり、書いていないものの、ある程度開けてから時間がたったら破棄する場合が多いかもしれません。

それに比べて妊娠検査薬の使用期限がきれていても、「尿をかけるだけ」なのでこちらの健康を害するわけではないですし、なんとなくずーっととって置いたりしませんか?

残った薬はとっておく?

使用期限が切れても使える?

検査薬ですからその精度を維持するために使用期限が記載されています。

正しい検査結果を求めるなら、使用説明書に記載されている通りに使用するのが原則です。でも実は、1人目で残った妊娠検査薬を2人目でも使ってしまう人も続出しています。

その中で、妊娠検査薬の使用期限が切れてから10年経ってもきちんと陽性の反応が出た、という人がいる一方、3年前のものを使ったら陰性だったけど、不安でもう一度新しい妊娠検査薬で試したら陽性だった、という人も。

使用期限が切れても使える?

妊娠すると、、、

卵子と精子が受精し、受精卵が子宮に着床すると絨毛が生えてきます。そこから胎盤を形成し、成長を促進させる役割をするhCG、ヒト絨毛性ゴナドトロピンホルモンが分泌されます。このホルモンが尿の中にも出てきて妊娠検査薬に反応します。

妊娠すると、、、

妊娠検査薬は、尿中のhCGホルモン濃度が50IU/L以上であれば陽性の判定となりますが、実際には50IU/L以下でも尿中にhCGが含まれていれば試薬は反応することが多くあります。

しかし、微量の場合は妊娠検査薬のメーカーの違いで判定があいまいになることもあります。ですから、妊娠が疑わしいときは、1回目で判定の色が薄かったり、色が出ない陰性であっても、数日たってから二度目の検査をすることを薦められています。

このことからも、メーカーの違いだけでなく、新しい、古いの違いでも、反応するときは反応するので、陽性が陰性になることはなくても、陰性が陽性になることは十分にある、ということができます。

妊娠検査薬の使用期限が切れていても、妊娠を期待して使う分にはいいですが、陰性を確実に知りたい場合は使用期限を守って使用したほうがいいですね。

PR