妊娠した?と思ったら・・・妊娠検査薬の反応時期とは?
959views

妊娠した?と思ったら・・・妊娠検査薬の反応時期とは?

妊娠したかも知れない?と思ったら、早く確かめたいですよね!市販の検査薬を使うと便利です。では、妊娠検査薬の反応時期についてはどうでしょう?生理予定日の一週間後といわれていますが、たまにフライングで陽性反応が出ることもあるそうです。また、陰性でもその後の検査で妊娠と判定される場合もあるそうですよ。

妊娠検査薬の使い方

生理が遅れている?妊娠を望むか望まないかにかかわらず、とりあえず検査してみたいですよね。そんな時便利なのが、薬局で売っている妊娠検査薬です。産婦人科へ行くのは気が引ける、診察料が高いなどなど、病院へ行くのは敷居が高いようです。さて、市販の妊娠検査薬ですが、買ってきたら必ず説明書を読みましょう。殆どの場合棒状になっています。その先の方へ尿をかけて数分待ちます。真ん中にある小さい窓に+や│などの印がでてきます。それが妊娠の可能性ありのマークです。もちろん、妊娠検査薬の反応時期も大事です。

なぜ妊娠が分かるのでしょう?

 

 妊娠してる?妊娠検査薬の使い方

女性の体は不思議なものです。妊娠をすると、赤ちゃんを育てようと体が思うのです。そしてそれに向かって働き出します。その一つにhCGという名前のホルモンが胎盤でつくられるようになります。このホルモンは、着床してから初めて体の中で作られ、生理予定日ころから尿の中に出てきます。そして、このhCGホルモンは、妊娠2ヶ月から3ヶ月にかけてたくさん作られて、出産まで出続けることで妊娠を維持します。そのhCGホルモンの有無を調べることによって、妊娠かどうかを判断するのです。

妊娠検査薬はいつから使用できるのでしょう?

妊娠検査薬はいつから?

妊娠検査薬は、生理開始予定日の一週間後からが判定可能な時期となっています。それくらいになると、先ほどお話ししたhCGホルモン濃度が濃くなっているので、精度が高いのです。問題となるのは、フライング検査と言って、生理予定日少し前から予定日6日後くらいの期間に検査薬を使用することです。早く妊娠の有無を知りたいという一心なのでしょうね。人によっては反応することもありますが、逆に、妊娠していないと思い込んで薬などを飲んでしまうこともありうるので注意が必要です。フライング検査をした時は、必ず正しい時期に再度検査をするか、病院へ行く等してください。

陽性と陰性

検査薬結果が陽性だった場合、さまざまなケースが考えられます。正常な妊娠、子宮外妊娠、閉経期、流産、中絶直後、不妊治療中、高度の糖尿、卵巣がん、繊毛がん、肺がんなど悪性腫瘍、、、また、陰性の場合は、妊娠していない、妊娠いているのにまだ反応が出ない、水分の摂り過ぎで一時的にhCG濃度が薄くなっている場合などです。少しでも可能性がある人は、お医者さんの診断をあおぐようにしましょう。

妊娠検査薬を使用するにあたって注意する点

妊娠検査薬で陽性反応が出ても、注意すべき疾患があります。子宮外妊娠、胞状奇胎、流産です。子宮外妊娠は、受精卵が卵巣や卵管などに着床した場合です。胞状奇胎は、胎盤形成部分が異常をきたし胎児が育たない場合です。流産しているのに胎盤が残っていて、陽性反応がでることがあります。いずれもお医者さんに相談しましょうね。

妊娠検査薬は正しく使おう

妊娠かな?と思ったら、妊娠検査薬の使用時期を守りましょう。あくまでも一時的なものです。陽性反応が出たら、必ず産婦人科を受診しましょう。他の疾患がなく、正常な妊娠ならば、出産までの過ごし方をゆっくり考えて、元気な赤ちゃんを産めるような生活を心がけましょう。

PR