知れば飲みたくなる!妊活でルイボスティーを飲む5つのメリット
120views

知れば飲みたくなる!妊活でルイボスティーを飲む5つのメリット

美容と健康に良いお茶として愛用者が広がっているルイボスティー。このルイボスティーは妊娠や授乳、妊活にも嬉しい効果があるのです。妊活でルイボスティーを選択すべき5つのメリットと、その理由をご紹介します。

美容に健康に、話題のルイボスティーとは

美容に健康に、話題のルイボスティーとは

ルイボスティーというお茶をご存知ですか。

ノンカロリーでノンカフェイン、栄養にも優れ、ダイエット、美肌、アンチエイジングにも良いとされている女性にとって夢のようなお茶です。知らないという人も、もう飲んでいる、飲んでいたという人もいるでしょう。

実はこのルイボスティーは美容だけではなく妊娠中や授乳中、妊活にも良いといわれ、愛用者が広がっています。

妊活でルイボスティーを飲むのはメリットばかり。ルイボスティーの妊娠への5つのメリットをご紹介します。

ノンカロリー

ノンカロリー

ルイボスティーはノンカロリーです。まろやかな癖のない味で、僅かに自然な甘みを感じるのでお砂糖やミルクを入れる必要もありません。

太りすぎや、糖の摂りすぎは妊娠にもよくありません。カロリーのある飲み物を愛飲していた方には特におすすめです。

ノンカフェイン

ルイボスティーはいわゆるお茶ではなく、ルイボスというマメ科の植物の葉から抽出された茶外茶のひとつです。

ルイボスティーはノンカフェインです。カフェインには、興奮作用や覚醒作用、ダイエット効果など良い効能もあるのですが、摂り過ぎると不眠やイライラの原因にもなります。さらに肌荒れや頭痛、胃痛なども引き起こし、妊娠や出産に向かう女性にとってはあまり良いものではありません。

アンチエイジングで卵巣が若返るかも?

アンチエイジングで卵巣が若返るかも?

赤いお茶、ルイボスティーにはフラボノイドなどの多種類のポリフェノールが多量に含まれています。ポリフェノールは抗酸化物質で、老化の原因となる活性酸素を除去することが実証されています。不妊の原因で一番多いのが卵子の老化や卵巣の老化です。

時間を止めることはできませんが、ルイボスティーを飲むことで老化をある程度食い止めることができるかもしれません。

豊富なミネラルで婦人科系疾患改善

不妊の原因には子宮内膜症や子宮筋腫、月経不順などの婦人科系の疾患や不調が隠れていることがあります。

婦人科系の疾患や不調の原因のひとつに亜鉛や鉄、カルシウム、マグネシウムなどのミネラル不足があります。ミネラル豊富なアフリカの大地に根ざすルイボスはバランスよくミネラルを豊富に含み、婦人科系の病気や不調の予防や改善に役立ちます。

他のお茶より高いリラクゼーション効果でストレス解消

他のお茶より高いリラクゼーション効果でストレス解消

妊活や不妊治療の一番の大敵はストレスです。

ルイボスティーにはモノアミンオキシダーゼという酵素が含まれています。この酵素にはストレスを抑え、精神を安定させ、興奮を抑えるはたらきがあります。

しかもルイボスティーには興奮作用のあるカフェインが含まれていません。まろやかな甘さや美しい赤色、優しい香りもリラックスを助けます。

お茶やハーブティーの中でもルイボスティーは特に高いリラクゼーション効果をもたらすのです。

妊活にお勧めなルイボスティーの飲み方

ルイボスティーは癖や渋みがなくとても飲みやすいお茶です。飲みすぎによるデメリットもほとんどありません。これまで飲んでいたお茶やコーヒーの替わりにたっぷり飲むことができますし、水代わりに飲んでも構いません。

効能を期待する場合は沸騰後10分以上の時間をかけてたくさん煮出しましょう。タンニンが少ないため、煮出しすぎても渋くなることはありません。

飲む時間帯はいつでも良いのですが、特に就寝前の1杯は安眠を誘い、身体のリズムを整えてくれます。

ストレートで飲むとノンカロリーでヘルシーですが、お砂糖を入れたりミルクティーにしても美味しく飲めます。

PR