クロミッドの副作用について知ろう!こんな処方のされ方していませんか?
89views

クロミッドの副作用について知ろう!こんな処方のされ方していませんか?

"クロミッドの副作用はそれほどなく体への負担が少ないのがメリットです。 しかし、妊娠しにくくなる相反する副作用もあり、それには個々のケースに応じた細かな配慮が必要です。 もしクロミッドを処方された時に気をつけなければいけないことを中心にまとめました。"

クロミッドとは

不妊治療を行っている方はクロミッドという薬をもらっているという方は少なくないと思います。

クロミッドは商品名でクロミフェンクエン酸塩という排卵誘発剤です。体への負担が少ないとされ、排卵障害や無月経、不妊症、黄体機能不全などの治療によく使われるものです。

不妊治療では最も多くの患者さんが使っている代表格的な存在ですが、やはりどうしても副作用があります。薬を使うメリットがそれ以上であればクロミッドを使用することになるのだそうですが、クロミッドの副作用っていったい何なのでしょうか?

クロミッドとは

Medicine 03 / takacsi75 https://www.flickr.com/photos/13519089@N03/4746014939/

不妊治療のはじめの一歩

排卵誘発剤なので排卵のない方に使用されるように思うかもしれません。

しかし正常に排卵している方でも自然排卵タイミング法が上手く行かず妊娠しなかった場合には使用されますし、妊娠率の上昇という効果が期待できます。

クロミッドの他にも、セロフェン、オリフェン、フェミロンなどの商品名があり、錠剤で飲んで服用します。費用や時間的な面からも負担が少ないという意味では、原因のはっきりしない不妊治療のはじめの一歩に使用する意味があります。

不妊治療のはじめの一歩

クロミッドのメリットを知ろう

クロミッドは一般的には月経周期の3~5日目から服用し始め、1日につき1〜3錠を計5日間続けます。クロミッドによって排卵日が安定することでタイミングが図りやすくなります。

また、排卵数が増え、卵子の質の改善や、黄体ホルモンの分泌が期待できます。クロミッドは排卵誘発剤の中でも体への負担が少なく、副作用もそれほどひどくないのが特色です。

しかし、細かな配慮を怠って薬を乱発すると、かえって妊娠しにくくなるという副作用がでるので要注意です。

クロミッドのメリットを知ろう

The sleeping egg / 305 Seahill https://www.flickr.com/photos/bluehillranch/5353132400/

気付ける副作用と自分では気付けない副作用

副作用として、服用中に感じるものにほてりや、頭痛や吐き気、倦怠感、イライラ感などがあります。

気にならない程度なら心配ないそうですが、数字で見てみると、顔面紅潮感が一番多く5.4%程度、卵巣腫大が2.9%、下腹痛が2.2%程度あります。ほかには物がかすんで見える視覚症状が出ることもあります。

また、みなさんが気になるところですが多胎妊娠の可能性はやはりあります。多胎妊娠の場合ほとんどが双子になることが多い(三つ子にはなりにくい)のですが、その率は2〜5%とも5〜10%とも言われています。

また連続して使用し続けていると抗エストロゲン作用により、妊娠しにくくなってしまうという皮肉なことも副作用として考えられるので、あくまでも服用中の経過には細かな注意が必要というわけです。

気付ける副作用と自分では気付けない副作用

こんな処方のされ方に気をつけよう

副作用より、もしこんなふうにクロミッドが処方されていたら、要注意です。

充分な検査や自然排卵タイミング法を行うことなくすぐに処方されたり、クロミッドを処方する際に多胎妊娠などの副作用について説明がない、排卵の確認のための診察がないなど。

また、排卵せずに残った卵胞がないか超音波検査で確認をしないのであれば、もし卵胞が残っていた場合は前周期の古い卵胞が排卵するだけになってしまいます。

その他問題となるのが、子宮頚管粘液が減少することと、子宮内膜が薄くなることなので、これらの計測を行わないとなると、かえって妊娠率が低下してしまうことになるので気をつけましょう。

また、すすめられたままだらだらと服用を継続している場合も無駄に時間を費やしているだけかも知れません。
疑問をもったら、納得のいく説明を求めましょう。

こんな処方のされ方に気をつけよう

クロミッドで排卵ができれば、自然妊娠の確立は高まり、早い段階ですぐに妊娠できる可能性もあります。

クロミッドを処方されたときのために、ちょっとした正しい知識と質問する勇気を持ちましょう。そして処方された時には、きちんと基礎体温を記録して治療スケジュールを守って服用しましょう。

薬というのは効き方がそれぞれなので、クロミッドのクセに理解があり、個々の状況に応じて細かな配慮をしてくれる医療機関に出会えるのがいいですね。

PR