着床前診断とは?着床前診断のメリットとデメリットをまとめました
93views

着床前診断とは?着床前診断のメリットとデメリットをまとめました

ここ最近耳にすることが多くなった着床前診断とはどのような検査なのでしょうか?また、着床前診断ではどのようなことが分かるのでしょうか?着床前診断にはメリットだけでなくデメリットも当然あります。これから妊娠を希望するのであれば、着床前診断について考えてみましょう。

着床前診断について

着床前診断とは?

着床前診断とは、受精卵が子宮内膜に着床する前に行う検査です。着床前診断では主に染色体異常や遺伝子の異常を調べることができます。

日本では約6組に1組の夫婦が不妊に悩んでいるのが現状です。また、女性の社会進出により高齢での妊娠・出産も珍しいことではなくなりました。高齢の場合、妊娠しにくいだけでなく流産や胎児の染色体異常の確率も高くなってしまいます。このようなことから、ここ最近では着床前診断という言葉を聞くことも増えました。

着床前診断は不妊に悩む夫婦にとって、妊娠の可能性を高める検査でもあります。

しかし、やはり気になるのが安全性です。着床前診断は体外受精が前提となりますが、その安全性は体外受精とほぼ同じと言われています。

現在までに着床前診断が胎児に大きな悪影響を与えた例はなく、世界中の先進国で着床前診断が行われています。ただし、日本で着床前診断をする場合はいくつかの条件を満たさなければなりません。

着床前診断のやり方

着床前診断は体外受精が前提
前述したように着床前診断は体外受精が前提で、検査方法も体外受精とほぼ同じ手順で行われます。女性の体内から卵胞を取り出し、卵子と精子を体外受精させます。

その後、体外受精によって育った受精卵の一部を検査します。育った受精卵は女性の子宮内に戻し、着床すれば妊娠が成立するという流れです。

着床前診断の検査方法にはFISH法とPCR法があり、このうちFISH法が主流となっています。FISH法は染色体異常や染色体の数を調べる検査で、PCR法は遺伝子を増やすことによって配列を調べることができる検査です。

着床前診断のメリットとデメリット

着床前診断のメリット

着床前診断の最大のメリットは、妊娠の確率を上げることができる点

着床前診断の最大のメリットは、妊娠の確率を上げることができる点です。

自然流産は決して珍しくないのが現状で、そのうちのほとんどが初期流産です。初期流産の多くは染色体異常が原因となっているため、着床前診断を受けることで事前に異常を知ることができます。

着床前診断は習慣流産や不育症の人にとって、妊娠するための希望とも言える検査なのです。

染色体や遺伝子の異常を妊娠前に知ることができるのも着床前診断ならではのメリットです。胎児の染色体や遺伝子に異常があるかどうかを調べる検査として出生前診断が挙げられます。

出生前診断は妊娠中に行われるもので、万が一胎児に異常が見つかった場合は妊娠を継続するかどうかの決断をしなければなりません。命の選択をしなければならないことは、精神的にとても辛いことです。

その点、着床前診断は妊娠前に異常を知ることができます。妊娠前に知ることができるため、出生前診断のように辛い命の選択をする必要もありません。

着床前診断のデメリット

着床前診断のデメリットとしてまず挙げられるのが金銭面の負担が大きい点

Couple / bigbirdz https://www.flickr.com/photos/bigbirdz/5596344183/

着床前診断のデメリットとしてまず挙げられるのが金銭面の負担が大きい点です。

着床前診断は体外受精が前提となることから、検査にかかる費用も決して安くはありません。着床前診断にかかる費用は約50万円から80万円程度となっています。

そのうえ、体外受精は1回で妊娠できるとは限りません。何度も体外受精や着床前診断を繰り返すのであれば、その分費用も高額になってしまいます。

何度も言うように着床前診断は体外受精が前提ですので、不妊症じゃない夫婦でも体外受精を受けなければなりません。また、着床前診断を受けるためにはいくつかの適応条件があり、その条件を満たさなければ検査を受けることはできません。

このようなことから、着床前診断を希望する際には夫婦でよく話し合うことが大切と言えるでしょう。

PR