【妊活中】気になる胚移植後の過ごし方
10,271views

【妊活中】気になる胚移植後の過ごし方

肺移植は不妊治療のひとつで、いわゆる「体外受精」のこと。こう聞く方が私たちには馴染みがあるかもしれません。 体外受精は費用がかかるのはもちろんですが、成功しなかった時に受ける精神的なダメージが大きいです。そうならないために気を付けたい胚移植後の過ごし方についてまとめてみました。

「胚移植」ってなに??

あまり耳慣れない言葉の「杯移植」。いったい、どういうものなのでしょうか。

不妊治療のひとつ

「胚移植」は不妊治療で用いられる治療法のひとつです。その名前にある通り治療の技法として「移植」を行います。
この場合、移植するのは体外で受精させ、細胞分裂が始まるところまで培養した胚と呼ばれる受精卵です。

やってはいけない!胚移植後の過ごし方

胚移植後のレントゲン撮影

問題ないとは言われていても、やはり気になるもの。
最近は受診の時点で妊娠の有無を確認されることがほとんどではないかと思いますが、もし確認されなかった場合は妊娠していることをきちんと医師に伝えるようにしましょう。

胚移植後の飲酒・喫煙

mojito-698499_640

これは当たり前すぎるくらい当たり前のことですね。胚移植を受けた人だけじゃなく、妊娠したらまず避けなければいけません。妊娠したいと考えている女性に関しても飲酒や喫煙を少し減らす必要があります。

胚移植後に体を冷やすこと

妊娠を望むなら冷えは大敵です。靴下の重ねばきなどなど、冷えを感じないように工夫をしましょう。

基本的には自然妊娠をした場合の妊婦さんと過ごし方は変わらないものと考えて問題ありません。妊娠の初期に起こる受精卵に原因があると思われる流産だったとしてもやはり「流産」してしまうことで妊婦さんは必要以上に責任を感じてしまうといわれています。そのためにも胚移植後の過ごし方はコレと定められるようなものではなく、治療を受けた本人が納得いくスタイルで過ごすことが最も重要だとのこと。これは胚移植経験者の感想にも多くあります。

経験者にみる胚移植後の過ごし方

胚移植を受けた女性はみんな無事に着床することを祈って胚移植後の時間を過ごしています。「なるほど納得」というものから「えっ、そうなの??」というものまで。
肺移植を受けた人が着床しているという判定を受けるために様々なことに心を配っているのがよくわかります。

移植当日はお風呂を控える

受精卵は熱に弱いとか・・・そのため、胚移植当日はお風呂を控えてシャワーだけにしているという人もいます。

安静にする

664f74356cf1d8f5fa22075d123e4f19_s

あまり激しい運動はせず、普段と変わらない生活を送ること日ごろ運動をしていたという人は、近所を軽く散歩するとか買い物に行く程度にとどめておくそう。自然妊娠の場合はそれなりに普通に動いたりしているので、絶対安静が必要なんてことはないと思いますが無理はしない方が良いですよね。

性交渉はしない

こちらも自然妊娠の場合にも同様に言われていることですが、精液内には子宮を収縮されてしまう成分が含まれています。
肺移植後の着床を待っている時期に性交渉を行うことで子宮が収縮を引き起こしてしまったり、雑菌に感染するなどしてしまい、着床を阻害してしまうことにもなりかねません。

半身浴は控える

体を温めるために日ごろから半身浴を行っている人は「えっ!?」と思うかもしれませんね。半身浴は確かに体を温めるために役立ちますが、上半身はお湯につかっていないので冬場は風邪をひいてしまうこともあるかもしれません。
また、入浴そのものが体にとっては負担になるものなので、胚移植後の微妙な時期には避けておこうと考える人が多いみたいですね。

自転車には乗らないこと

girl-690544_640

自転車に乗ると常に転倒の危険がついてまわります。妊娠初期に自転車に乗っていて転倒してしまい残念な結果になってしまった・・・なんて話も全くないわけではありません。
日頃から自転車に乗るのがあまり得意ではない人はもちろん、そうではない人もちゃんとした判定が下るまでは自転車に乗るのは控えておきましょう。もちろん、胚移植後にめでたく妊娠が判明したら尚更です。

他にも「笑って過ごす」ことができるように工夫した、といったものもあります。ストレスをためず、笑って過ごすことで着床率がアップしたというデータもあるんだとか。
さっそく休みながら見ているだけで楽しくなるようなDVDでも探さないといけないですね。

PR