みんなどうしてるの?お隣様の妊活を覗いちゃおう
389views

みんなどうしてるの?お隣様の妊活を覗いちゃおう

お隣様の妊活をチェックして我が家の妊活に役立てましょう。妊活しているカップルの割合や、妊活から不妊治療に進む時期や割合、気になる男性の協力内容や、妊活の悩みなどを子供のいない1000人の既婚女性アンケートから抜粋しました。

 今や4人に1人が妊活中!?気になるお隣様の妊活

妊活

我が家もそろそろ妊活したい…そこでお隣様の妊活事情をチェックして非協力な旦那様を説得しちゃいましょう。

まず、妊活しているカップルの割合はどのくらいでしょうか。
子供のいない既婚者で、妊娠に適した20~44歳の女性1000人にアンケート調査「妊活に関する意識・実態調査」(ゲンナイ製薬調べ)を行ったところ、妊活を現在行っている女性は全体の25.8%に、以前行っていた人は18.5%になり、妊活の経験率を合わせると44.3%までのぼったそうです。

意外と多いと感じますか?意外と少ないと感じますか?

ゲンナイ製薬調べ「妊活に関する意識・実態調査」より

ゲンナイ製薬調べ「妊活に関する意識・実態調査」より

妊活から不妊治療を考える時期は?

自然妊娠を試みたものの、なかなか妊娠しないと焦りが出てきます。みんなが不妊治療を考えるタイミングはどのくらい?

実は24.7%ものカップルが、妊活開始1ヵ月後で不妊治療を検討しています。ほとんど妊活=不妊治療というカップルも意外と多いみたい。

年齢や結婚からの年数によっては大正解。
女性の妊孕率は30歳から下がり始め、35歳がひとつの曲がり角になっていることは良く知られています。精子の劣化の認知率は78.2%とまだ低いのですが、男性の妊孕率も30代前半がピークで以降緩やかに下がり続けます。

妊活開始後半年までには59.6%、1年までには76.9%が不妊治療を考えています。

ゲンナイ製薬調べ「妊活に関する意識・実態調査」より

ゲンナイ製薬調べ「妊活に関する意識・実態調査」より

実際に不妊治療を受けるカップルの割合は?

それでは妊活を行っている・行っていた人のうち、実際に不妊治療に進む人の割合はどのくらいでしょうか。
この調査によると、治療を考えてる(28.4%)・考えていた(33.6%)人の合計は62.0%。実際に多くの人が検査まで考えるんですね。そのうちで実際に不妊治療を受けた人は29.6%なのだそうです。

ゲンナイ製薬調べ「妊活に関する意識・実態調査」より

ゲンナイ製薬調べ「妊活に関する意識・実態調査」より

お隣様の妊活、夫の協力は?

妊活には女性だけではなく男性の協力が大切です。

不妊の原因が男性側にもある場合がありますし、そうじゃなくても男性が協力しない限り女性は一人では妊娠できません。
妊活中の夫がしている協力とは…。

1位が「夫婦関係が良好に保てるようにする」で39.5%です。妊活は夫婦が仲良くなければ続くものではありません。

2位は「妊娠・妊活について調べる」33.4%。妊娠について正しい知識を持っている男性は案外少ないものです。真剣に妊娠を目指すなら妊娠や妊活に対する正しい知識は不可欠です。

3位は「産婦人科・クリニックで不妊検査を受ける」で25.1%です。

不妊症の原因の半数は男性側にも原因があります。
女性だけが検査や治療をしても半分は無駄になってしまうのです。

ゲンナイ製薬調べ「妊活に関する意識・実態調査」より

ゲンナイ製薬調べ「妊活に関する意識・実態調査」より

妊活中のみんなの悩み

妊娠したい

それでは妊活中の女性の悩みで多いものは何でしょうか。

重複ありで悩みを聞いたところ、

1位は「妊娠に対して焦りを感じてしまうこと」で、51.5%。
2位は「妊娠の可能性が高い日に夫の時間がとれないこと」44.0%。
3位が「友人や知人の妊娠に嫉妬してしまうこと」40.2%です。

ゲンナイ製薬調べ「妊活に関する意識・実態調査」より

ゲンナイ製薬調べ「妊活に関する意識・実態調査」より

お隣様の妊活でネックとなるのは意外にも治療の苦痛や費用の問題ではなく、精神面や夫の協力なんです。

妊娠を焦るのも、他人の妊娠に嫉妬するのもストレスになります。ストレスはホルモンや自律神経のバランスを崩し、受精や着床しにくくなる原因のひとつとなります。赤ちゃんを迎える準備なのですからハッピーな優しい気持ちで妊活したいものです。

2位のタイミングがとれないことは焦りやイライラをますます助長してしまいます。排卵日に夫が帰ってこない…仕事だとわかっていてもイライラして、夫は萎えてしまい妊娠も遠のき夫婦仲まで微妙になることがあります。

仲良く

実は一番妊娠しやすい日は排卵日ではなく排卵日の2日前だということはご存知ですか。
26.5%のカップルは知らないそうです。妊娠のチャンスは排卵日の5日前から排卵日まで。なんと一周期に6日間もチャンスはあるのです。

1日くらい帰ってこれなくてももうイライラするのはやめましょう。

—————————————————————-
《アンケート調査概要》
調査タイトル:妊活に関する意識・実態調査
調査対象:ネットエイジアリサーチのモニター会員を母集団とする
20歳~44歳の子どもがまだいない既婚女性(配偶者がいる女性)
調査期間:2015年11月5日~2015年11月11日
調査方法:インターネット調査
調査地域:全国
有効回答数:1,000サンプル
実施機関:ネットエイジア株式会社
—————————————————————-

生まれる前から差がつく!?
お腹の赤ちゃんにもママにも重要な栄養素があるって知ってた?

ハグラビ
DHA・EPAは赤ちゃんにとっても重要な栄養素です。
母乳を通し赤ちゃんに与えることにより、赤ちゃんの学習力や成長に良い効果を!
詳細はこちら⇒

PR