お酒が不妊の原因になることも。妊活中の飲酒について。
196views

お酒が不妊の原因になることも。妊活中の飲酒について。

妊活中は、お酒の飲み過ぎはNGというのは、というのはわかるけれど、一滴も飲まない方が妊娠しやすくなるのでしょうか?お酒が不妊の原因になってしまうことのないよう、妊活とお酒の関係についてきちんと知っておきましょう。

妊活中のお酒はNGなの?

できれば、飲まない方がいい

できれば、飲まない方がいい妊娠を望むのであれば、赤ちゃんが健やかに育つことができるよう、まず自分の身体を万全の状態に整えておきたいものです。しかし、妊活中、特に不妊の治療をしている場合などは、生活面でも様々な拘束がありますから、ストレスもたまりやすくなってしまいます。それなのに、ストレス解消のためのお酒まで制限されるのは、ちょっと辛すぎる、と感じる人も少なくないでしょう。とはいっても、飲酒が身体に及ぼす影響は小さくはありませんから、もしガマンすることができるのであれば、妊活中はお酒は飲まないことが一番なのです。

どうしてお酒を飲まない方がいいの?

お酒は飲まない方がいい、というのであれば、その理由を知りたいところですね。お酒は体内に入ると胃や腸を通り、肝臓に送られて分解されますが、その時に活性酸素が発生します。活性酸素というのは、お酒を飲まなくても身体の中で作られ、またウイルスなどを退治してくれる必要なものでもあるのですが、活性酸素が身体の中で大量に作られてしまうと、元気な細胞まで攻撃してしまい、細胞が酸化してしまう原因となるのです。通常は、元気な細胞が酸化してしまわないよう、身体の中で活性酸素とそれを防御する力のバランスが取れているものなのですが、活性酸素が大量すぎると、そのバランスが崩れてしまい、活性酸素は卵子まで酸化させてしまうことになりかねません。そして、活性酸素によって酸化されてしまうと、受精しにくい卵子になってしまう可能性があるのです。

お酒が不妊の原因にならない飲み方

飲酒回数と酒量に気を付けよう

飲酒回数と酒量に気を付けようできればお酒は飲まない方がいい、ということがわかっていても、飲まないことが精神的なストレスになってしまうのであれば、ストレスも活性酸素を発生させる原因になりますから、不妊には影響しない範囲で飲むようにしましょう。飲む回数としては、週に1,2回までとし、飲む量はビールであれば350ml缶を1本、ワインであればワインをグラス1杯までを限度とします。もともとお酒に強くない人は、もっと量を少なくするようにしましょう。また、もし飲むのであれば、活性酸素を抑える効果のあるポリフェノールを含んでいる赤ワインをお勧めします。ただし、不妊の薬を飲んでいるのであれば、薬を飲んだ日の飲酒は絶対にNGということを覚えておきましょう。薬と一緒にお酒を飲んでしまうことで、薬の効果が全くなくなったり、逆に薬が身体に強く作用してしまう可能性があるからです。また、男性も過度な飲酒が奇形精子を増加させてしまったり、勃起の能力を低下させてしまう原因になりかねませんから、パートナーにも過度な飲酒をさけてもらうことが大切です。

食生活や生活習慣も見直そう

食生活や生活習慣も見直そうできるだけ飲酒を減らすことは、妊活には有効ですが、それだけで妊娠できるわけではありません。妊娠をするためには、心身ともに母体が健康であることが何より大切ですから、食生活や生活習慣も見直し、バランスの良い食事をして、規則正しい生活を送り、万全の体調を整えたいものです。また、妊娠が判明したら、その後の飲酒は一切NGです。毎日飲酒をする妊婦は、流産をしてしまう確率が、飲酒をしない妊婦と比較すると2.5倍にも上ると言いますから、妊娠生活の間は、お酒は断つようにしましょう。

PR