妊娠するために重要な卵胞期の過ごし方!卵胞期のポイントまとめ
351views

妊娠するために重要な卵胞期の過ごし方!卵胞期のポイントまとめ

妊娠するためには、卵胞期の過ごし方がとても大切だと言われています。卵胞期の過ごし方が妊娠の可能性を左右すると言っても過言ではありません。では、具体的にどのようなことに注意して卵胞期を過ごせば良いのでしょうか?卵胞期のポイント3つを紹介します。

卵胞期の過ごし方で妊娠しやすくなる!

なぜ卵胞期の過ごし方が重要なの?

妊活中の人にとって、生活習慣を整えることは妊娠力アップのために必要不可欠なことです。多くの人が妊娠するために日々の過ごし方に注意しているかと思います。約1ヶ月の生理周期は、月経期・卵胞期・排卵期・黄体期に分けられます。このような4つの期間の中でも、特に妊娠の可能性を左右すると言われているのが卵胞期の過ごし方です。

なぜ卵胞期の過ごし方が重要なのか、その理由は卵胞期は卵胞が育つ時期だからです。卵胞期になると、卵巣の中で卵胞が成長します。その後排卵期を迎え、成長した卵胞が卵管へと飛び出します。この時に卵胞が精子と巡り合うことができれば受精卵となり、子宮内膜に着床することで妊娠となります。このようなことから、卵胞期に質の良い卵胞が育たなければ妊娠の可能性が低くなってしまうのです。

妊娠の可能性を左右すると言われているのが卵胞期の過ごし方また、卵胞期は卵胞ホルモンを多く分泌するためにも重要な時期と言えます。卵胞ホルモンは子宮内膜を厚くする働きがあり、子宮内膜が厚くなることによって受精卵が着床しやすくなります。つまり、卵胞ホルモンの働きのおかげで妊娠しやすくなるということです。そのため、卵胞ホルモンが十分に分泌されなければ子宮内が妊娠に適した環境ではなくなり、妊娠の可能性が低くなってしまうのです。

卵胞期はおりものが作られる時期でもあります。おりものは、精子を卵管まで運ぶ役割を果たしています。膣内に放出される精液の中には、何億個もの精子が含まれています。しかし、女性の膣内が酸性であるため、ほとんどの精子は死滅してしまいます。ところが、おりものはアルカリ性ですので、おりものの中に入った精子は死滅することなく卵胞の待つ卵管まで辿り着くことができるのです。このようなことから、妊娠するためにはおりものも必要不可欠なのです。

卵胞期の過ごし方のポイント

まず1つ目が、血流を良くすること

卵胞期の過ごし方には3つのポイントがあります。まず1つ目が、血流を良くすることです。質の良い卵胞を作るためには、血液が欠かせません。具体的には、体を温めることを意識しましょう。特に、お腹や子宮を冷やさないように注意することが大切です。お風呂に入る際には、40度から41度くらいのお湯にゆっくりと浸かることがおすすめです。シャワーだけで済ませることはNGですよ。

体の血流を良くするためには、運動も効果的です。おすすめはウォーキングです。誰でも簡単に始めることができますし、疲労を感じにくいため長く続けることができます。ふくらはぎを鍛えることで体全体の血流を良くする効果がアップします。卵胞期はもちろんですが、それ以外の期間でもウォーキングを日課にすることで妊娠力が高まります。

2つ目のポイントが、食生活2つ目のポイントが、食生活です。卵胞期の食生活では、体を温める効果のある食べ物を積極的に摂取することが大切です。例えば、根菜類や冬が旬の野菜類、赤身の肉、卵などがおすすめです。また、血液を作るのに大切なタンパク質や鉄分もたっぷりと摂取しましょう。ビタミンを摂取することで、ホルモンの分泌を活発にします。

そして3つ目のポイントが、疲れやストレスを溜めないことです。疲れやストレスはホルモンの分泌を妨げてしまいますし、血流が悪くなる原因でもあります。特に質の良い睡眠は妊娠力を上げるためには欠かせません。卵胞は夜に成長しやすくなるため、卵胞期はしっかりと睡眠をとりましょう。

PR