妊娠検査薬は性交後いつから使えばいいの!?
382views

妊娠検査薬は性交後いつから使えばいいの!?

妊娠検査薬は性交後いつから使えばいいのかですが、「hCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)」というホルモンが分泌される生理予定日の約1週間後ぐらいが目安となります。使用が早すぎると陽性反応が出ないことがあるので要注意です。

妊娠検査薬の使い方

妊娠検査薬の使い方ドラッグストアなどで売られている妊娠検査薬にはスティック状のものが多いようですが、使い方は共通しています。妊娠検査薬の先に尿をつけると、妊娠している場合は、判定サインが表示される窓に「+」が出たり、「タテ線」が入ったりします。

たとえ判定サインが薄くても、表示があれば「陽性」ということです。ただし、使い方が悪いと、妊娠しているのに「陰性」となる場合があります。妊娠検査薬によって尿につける時間や、判定が出るのにかかる時間などが異なりますので、説明書の通りに使用してください。

また、しばらくそのままにしていると判定が無効になったり、判定サインが消えてしまったりすることにも注意が必要です。

妊娠検査薬のメカニズム

なぜ、妊娠検査薬で妊娠がわかるのかですが、妊娠すると体内に「hCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)」というホルモンが作られ、生理予定日あたりに尿の中に出てくるということです。このhCGホルモンは、出産まで出続けます。妊娠検査薬には、このhCGホルモンに反応する薬が使われています。

ただ、人によってhCGホルモンの出始めるのが遅い人もいるらしいので、妊娠検査薬が反応しない場合があります。また、妊娠検査薬がどの程度のhCGホルモンの量によって反応するかには差があるということですから、妊娠検査薬はひとつの目安と考えた方がいいでしょう。

妊娠検査薬で陽性反応が出たら、産婦人科を受診しましょう。

妊娠しているのに陰性反応が出る場合

妊娠検査薬には、判定サインが薄いものがありますが、妊娠しているのに陰性の反応が出てしまう場合もあるようです。それはどんな場合かというと、生理予定日を間違えているケースです。

妊娠検査薬が使えるのは生理予定日の1週間後ぐらいからなので、生理予定日が間違っているとhCGというホルモンがまだ分泌されておらず、陽性反応が出ないことが考えられます。

このフライングを防ぐ方法ですが、妊娠検査薬には2回ぐらい試せるものがあるので、1回目で陰性の場合は、1週間後に2回目を試してみて陽性が出るという場合があります。2回ぐらいは試してみた方がいいかもしれません。

生理予定日の計算方法

生理予定日の計算方法生理予定日の計算方法ですが、カレンダーの生理が始まった日に丸をつけてください。生理が終わった日ではなく、スタート時から数えます。

生理の周期には個人差があり、だいたい28日~32日周期となっています。30日周期の人なら、1月の1日に生理があったと仮定すると、次の生理が来るのは1月の31日ということになります。妊娠検査薬を使って妊娠したかどうかがわかるのは、それから1週間後の2月6日以降です。

ネット上に次の生理予定日を計算してくれるサイトがあります。また、生理の周期が管理できるアプリもありますから、そういったものをお使いになると簡単に把握できます。

妊娠していなくても陽性反応が出る!?

妊娠していないのに陽性反応が出るケースとして考えられるのは、妊娠検査薬は「hCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)」というホルモンに反応しますから、不妊治療などでhCGホルモンを投与している場合です。尿に糖やタンパク質が出ている場合なども、陽性反応が出てしまうことがあるようです。また、子宮外妊娠などでも陽性反応が出るから注意が必要です。

出ているラインが薄くて、陽性なのか陰性なのか判定に迷うというケースもありそうです。陽性反応が出ているにもかかわらず妊娠していない場合は、生理が来ることによって間違いがわかります。

妊娠検査薬は性交後いつから使えばいいの?

妊娠検査薬は性交後いつから使えば良いのでしょうか?これは、生理予定日のおよそ1週間後から検査できます。生理が遅れているようなときに使用するとよいでしょう。

規則正しく生理が来る人は問題ありませんが、生理予定日が不規則で大きくズレることが多いという人は、妊娠検査薬だけでの判定では判断がつきませんから産婦人科を受診するといいかもしれません。産婦人科は生理不順の治療も行っているので、アドバイスを受けることができます。生理予定日が不規則で大きくズレることが多いという人は産婦人科を受診しましょう

PR