排卵誘発剤と排卵日の関係を知りたい!排卵はいつになるのか
75views

排卵誘発剤と排卵日の関係を知りたい!排卵はいつになるのか

排卵誘発剤と排卵日の関係は、妊娠したい女性にとって重要です。というのも、排卵のタイミングを見計らって性交渉を行う必要があるためです。できれば、薬を用いる回数を最小限に抑えて妊娠したいと思う女性が多いのは当然です。ここでは、排卵誘発剤を用いると排卵日がいつになるのかなどについてお話します。

排卵誘発剤と排卵日のタイミングを計るには基礎体温が目安

排卵誘発剤と排卵日のタイミングを計るには基礎体温が目安薬で人工的に排卵を促すことによって、妊娠の可能性を高めるのが排卵誘発剤の目的です。あらかじめ排卵日を予測して薬が投与されるため、排卵誘発剤と排卵日の関係は非常に密接といっていいでしょう。

排卵誘発剤にも幾つかの種類がありますが、よく用いられるクロミッドという内服薬の場合、生理の3~5日目から1日1~3錠を5日間に渡って服用することで、服用を終えてから7~10日後に排卵があります。もちろん効果には個人差がありますが、薬の効き目を発揮させるには、排卵日を狙って服用し、なおかつ性交渉も予測した排卵日に行う必要があるわけです。

排卵日を予測するには、基礎体温を付けるのが有効です。あらかじめ排卵日を予測するためにも、排卵誘発剤を用いてからいつ排卵が起こるのかを知るためにも、基礎体温で体温の変化を見ることが目安になります。

排卵誘発剤を用いるとどのくらいの排卵数になるか

排卵誘発剤を用いるとどのくらいの排卵数になるかどの種類の排卵誘発剤を用いるかにもよりますが、排卵誘発剤によって排卵される卵子の数は大体1個から3個だといわれています。多嚢胞性卵巣症候群などの場合は、卵子の数が増える可能性もあるでしょう。しかし効果が出る人もいる反面、排卵誘発剤を用いても1個も排卵しないというケースもあります。例えば女性ホルモンが分泌されにくい人の場合などが代表例で、別の対策が必要にもなってくるでしょう。

健康な女性でも、排卵期が来たからといって毎月決まって卵子が排卵されるとは限りません。排卵しない月があっても不思議ではありませんから、排卵誘発剤の治療を行っている女性も一度効果がなかったからといってあきらめることはありません。

排卵誘発剤と排卵日の乱れの可能性

排卵日を予測して使用する排卵誘発剤ですが、排卵誘発剤そのものの影響で排卵日が狂うこともあります。予定より早まったり遅れたりする可能性があるため、基礎体温を付けて排卵誘発剤を用いてからの体の周期を見ておくことが大切なのです。

排卵日を見誤って性交渉のタイミングが合わなかったり…せっかく排卵誘発剤を用いたのに、排卵日を見誤って性交渉のタイミングが合わなかったということも考えられます。また挑戦すればいいと思うかもしれませんが、女性の体にとってはそう簡単なことではありません。

排卵誘発剤には、副作用もあります。その程度や確率は個人によって違いますが、リスクがあることには違いありません。簡単に排卵日を予測しづらいとはいえ、できることはきちんとしておくのが理想です。

排卵誘発剤の副作用を防ぐ対策について

排卵誘発剤は化学的な成分を用いた医薬品ですから、副作用の可能性は否めません。副作用が少ないという薬の種類も出ていますが、反面排卵日が乱れて予測しにくくなるなどの問題も起こりがちです。女性にとって、妊娠は心身ともに負担のかかること。ご夫婦にとっても、子供が出来てから育てていく負担もあるでしょう。年齢的に早めに妊娠できたほうが、やはり負担は軽くなります。そのため、排卵誘発剤と排卵日の関係はできるだけ正確に把握しておきたいところなのです。

排卵日を正確に予測するには、基礎体温のチェックは欠かせません。もちろん自分一人で判断するわけではなく、資料として医師に提示すれば医師が専門家ならではのアドバイスをくれるはずです。医師と連携してよく相談しながら、対策を進めてください。

PR