【妊娠がしたい】不妊症で知っておくべきは排卵誘発剤のクロミフェンって何?
36views

【妊娠がしたい】不妊症で知っておくべきは排卵誘発剤のクロミフェンって何?

不妊治療などでよく用いられる【排卵誘発剤のクロミフェン】。この薬の役割は「排卵誘発剤」と呼ばれる種類のお薬で女性の排卵を促すお薬です。この薬は不妊治療を受けている患者さんの多くに使用されてるお薬で一般的に処方されています。さて、このお薬、安心して使える?副作用はないの?

無排卵治療薬【排卵誘発剤のクロミフェン】とは?

クロミフェンは、タイミング法や人工授精などの一般的な治療で排卵誘発剤を使用するときもっとも処方される薬剤です。

例えば、無排卵や不妊症の原因の一つとして考えられる排卵自体がちゃんと行われていないという場合などに使われます。そもそも、排卵がないと受精する事はありません。そのため、排卵しにくい体質で、妊娠しにくい場合に排卵を促すためこのお薬を使用します。

c9afe570e5ff6df7ee57a9019688f997_s

不妊症と女性ホルモン

不妊症の原因は色々ありますが、妊娠するためにはまず、排卵誘発剤で卵巣の働きを助け、月経周期をしっかり整えることで卵がしっかり育つような環境を作ります。

また、女性の体はとてもデリケート。女性ホルモンによって絶妙なバランスで保たれています。女性ホルモンの種類には「エストロゲン(卵胞ホルモン)」と「プロゲステロン(黄体ホルモン)」という物質があります。このホルモンはそれぞれ役割があってこの2つのホルモンが協力し合って女性の健康を守り、妊娠出産をなしとげるのです。

女性の体はこの女性ホルモンに支配されているといっても過言ではありません。そして、女性ホルモンの中でも最も重要な働きを持つのが【エストロゲン】です。【エストロゲン】を活性化させることで不妊改善の可能性を高めていきます。

女性の体のメカニズム

女性の身体のメカニズム

さて、女性の体の中で排卵はどのように起こるのでしょうか?

まず、脳から性腺刺激ホルモン放出ホルモンが出てこのホルモンが「下垂体」に作用すると卵胞刺激ホルモン(FSH)や黄体形成ホルモン(LH)が分泌されます。この卵胞刺激ホルモンの作用によって文字通り卵巣が刺激されて卵胞が育ちます。

このとき成熟するのは数個から十数個です。この卵胞からエストロゲンが分泌されます。これを卵胞期といいます。ある程度エストロゲンが分泌されると次は黄体形成ホルモンをたくさん出すように働きかけがあります。黄体形成ホルモンの急激な上昇の後排卵します。このLHの上昇を「LHサージ」と呼び、このときエストロゲンは卵胞刺激ホルモンの分泌を止めます。

これが一連の流れになります。

クロミフェンのいいところ悪いところ。

さて本題。この排卵誘発剤のクロミフェン。前述のように不妊治療に使用されるのですが、その役割は、本来ならLHサージが起きた後は本来GnRH(性腺刺激ホルモン放出ホルモン)の分泌を止める指令をだすところ、逆にうながして結果排卵させる役割を果たします。つまり、この薬を使用することによって安定して排卵があるということが大きなメリットになります。

具体的に飲み方は、通常生理開始日から5日目から5日間1日1錠から3錠内服します。

無排卵治療薬の排卵誘発剤クロミフェンのメリットデメリット

不妊治療に役立つといえどこのお薬には多少の副作用が見られます。

のぼせ、お腹の張り、発疹、めまい、のぼせ、鬱などがあります。長期に服用していると子宮内膜が薄くなるのと頚管粘液が減るという弊害があります。子宮内膜が薄くなると受精卵が着床しにくくなります。また、頚管粘液は、精子を子宮まで送り届ける役割がありますがそれが少なくなってしまうとしかるべき時期にたどり着けなくて妊娠の確率が下がってしまいます。

もう1つ排卵誘発剤の副作用で多胎妊娠が心配されますが、思いのほか少なく自然妊娠の場合1%に対し4%程度といわれています。

副作用に関してあまり神経質になる事はないですが、もし、治療期間中いつもと違うなど不安な点があればすぐ主治医に相談しましょう。不妊治療は、時間に限りがあります。できる形で治療を受けるのが大切ですよ。

PR