人工授精の成功確率は9割!確率を上げるために有効なのは体を温めるコト!
1,176views

人工授精の成功確率は9割!確率を上げるために有効なのは体を温めるコト!

人工授精の成功確率の比較的高く、とくに1回目の人工授精で3割から5割のカップルで成功すると言われています。そのため3回程度行って効果がない場合には効率的な妊娠のために他の手法を試す方が良いでしょう。人工授精に限らず全般的に妊娠確率を上げるためには下半身を中心に体を温めることは有効とされています。

人工授精の成功確率ってどれくらい?

人工授精の成功確率

人工授精はタイミング法がうまくいかなかった場合やタイミング法での性交や妊娠が難しい場合に行う方法です。

タイミング法よりも費用が高くなるので人工授精に踏み切ろうという人は妊娠に対して強い希望がある場合が多いようです。費用や妊娠できる時間などを考えるとできれば少ない回数で妊娠したいですよね。

不妊治療を体験した多くの人が妊娠したと報告している人工授精ですが、実際のところ成功率はどのくらいなのでしょうか?

9割のカップルが7回までに妊娠!

人工授精で妊娠するまでの回数

人工授精は比較的自然な形で妊娠することができる治療と言われていますが、その成功確率は意外と高いものです。

具体的には7回までの人工授精で9割のカップルが妊娠すると言われています。
その中で、初回で妊娠する割合は3割から5割を超えると言われています。つまり、およそ半数のカップルが1回の人工授精で妊娠していることになります。

回数と成功率は関係ある?

病院によって異なりますが、人工授精を5回から6回行っても成功しない場合は別の方法を試すことになります。

1回目の妊娠率が比較的高いために2回目以降の期待が薄れるカップルも少なくないようです。しかし、実際には人工授精の確率は1回目も2回目、それ以降も基本的には変わりません。もしも3回の人工授精でうまくいかないという場合には、この人工授精という方法が合っていない可能性の方が高いのです。

例えば、体調な仕事の環境など、何かしらの変化が合った場合、あるいは変化があった後で生活が落ち着いたなど、生殖機能に影響を及ぼすようなことが日常であったのなら3回目以降の人工授精を行うことに意味はあるかも知れません。

しかし、そのようなことがないのであれば、人工授精は3回程度で一旦終了し、次のステップにいく方が効率的です。

人工授精の成功確率を上げる方法

人工授精を行う前に人工授精の成功確率を上げるポイントを押さえることで、より早期の妊娠を可能にすることができます。その方法は信頼できる病院、医師を探すこと。そして、妊娠にむけて健康な体になることです。

人工授精の成功確率を上げる方法

まずは健康になることが基本

例えば、精子の数や働きが一般的なものに比べて著しく少ない、子宮が変形している、排卵が正常にできていない、など生殖機能に明らかに問題がないのであれば、健康度を上げることが妊娠への近道です。

健康度というのは一般的な健康診断の結果が悪くなくても低下している場合があります。原因は基本的な生活習慣にある場合が多いようです。具体的には不規則な生活、偏った食生活、運動不足などです。

男女ともに体を温めることが有効

人工授精の成功確率を上げるために冷えは大敵

妊娠力の低さというのは、以前は女性が問題であることが多いと思われていましたが、現在では男性も原因があることがはっきりとわかっています。
そのため、妊娠力を高めるためには女性だけでなく、男性の努力も不可欠になっています。

このため、規則正しい生活習慣や食事を夫婦2人ともが行うことが大切です。さらに、人工授精の成功確率を上げるためには末端や内臓などの冷えを解消することも重要です。体が冷えていると男女問わず、生殖機能が低下してしまいます。

夫婦そろって冷たいものの飲食を避けたり、下半身を温めるような服装を心がけることが有効です。

PR