排卵障害の原因とは?考えられる問題と解消方法
182views

排卵障害の原因とは?考えられる問題と解消方法

排卵障害の原因となるものをまとめました。排卵しにくい方、生理がなく明らかに排卵していないと思われる方は参考にしてみてください。詳しくは検査で明らかにできますが、基礎知識として色々なタイプを知っておくと便利です。

排卵障害とは?

排卵障害とは

女性の3割が何らかの原因により排卵が起こらないといわれています。排卵するためには脳下垂体からホルモンが分泌し、卵巣で卵胞が成熟し卵膜を破って卵巣の外に出ることが必要です。しかし排卵障害がある女性は、何らかの原因によりこれまでいたりません。排卵障害の原因には様々なタイプがあります。

排卵障害の原因とは?

では排卵障害の原因となっているものは何なのでしょうか?原因は様々で人によって異なるため、病院で詳しい検査が求められます。血液検査、エコー検査、ホルモン検査などを利用すると原因が特定できます。考えられる排卵生涯の原因を紹介しますので、何が問題となっているのか、検査前に考えてみましょう。

ホルモンのバランスの乱れ

ホルモンバランスの乱れが排卵障害の原因
排卵するためには脳の視床下部・下垂体・卵巣からホルモンを分泌する必要があります。女性が過度なダイエットをしたり、精神的な不安を抱えていると生理が止まってしまうように、ストレスはホルモン分泌を乱してしまいます。特に視床下部は自律神経とも密接な関係性を持ち、ストレスを受けてホルモン分泌が減少する傾向があります。女性ホルモンの乱れだけが原因とされがちですが、実は排卵には様々なホルモンが必要となっているのです。

高プロラクチン血症

乳腺に働きかける「プロラクチン」というホルモンが多く分泌し、排卵が促されないだけでなく、実際に母乳が出てくることがあります。脳下垂体の腫瘍、流産や人工妊娠中絶の一時的な影響、胃潰瘍や精神科での治療でも影響が出るといわれています。原因がはっきりしなければ薬でホルモン分泌を抑えることができるため、治療にて妊娠可能となります。ただし脳に腫瘍がある場合は妊娠で肥大することもあるため注意する必要があります

多嚢胞性卵巣症候群

卵巣にはたくさんの卵細胞が存在し、それが1ヶ月に1つ成熟して排卵します。卵細胞は卵胞と呼ばれる袋に包まれているのですが、この病気の方は卵胞がたくさんできすぎたために排卵がおきにくくなります。原因ははっきりとわかっておらず、内分泌異常や糖代謝の異常が原因だと考えられています。根本的な治療はまだないため、妊娠を希望する場合は排卵促進剤を使い排卵を起こします。80%ほどの人で効果があるとされています。

早期卵巣不全

通常は閉経は50代になってからですが、40代など早い段階で卵子の機能が低下してしまう人がいます。この場合妊娠は難しいため、できるだけ早めに妊娠できるよう対処していきます。萎縮した卵巣からでも卵子が取れる場合も多く、体外受精などで妊娠が可能な場合もあります。卵巣の手術などで原子卵胞が減少してしまった方、放射線治療などの影響も考えられます。

甲状腺ホルモン異常

甲状腺ホルモン異常が排卵障害の原因

甲状腺のホルモン異常があるとからだ全体のホルモンバランスが乱れます。それに伴い月経不順や無月経となる人が出てきます。甲状腺に異常が見つかった場合は、甲状腺治療の専門医との連携が必要となります。排卵が起こりにくいだけでなく流産の原因ともなりやすいため、根本的な治療をしていく必要があります。甲状腺ホルモンのバランスが乱れるのはストレスが原因だと考えられています。

検査で原因を特定しよう

排卵障害と一言でいっても、様々なタイプがあります。どれが原因になっているのか明らかにならなければ治療はできません。基礎体温を測り排卵がないと感じる方、明らかに無月経の症状が見られている方は、一度医師に相談の上くわしい検査をすることをおすすめします。
人によっては病気が原因となっているのではなく、痩せすぎや太りすぎが原因となっていることもあります。体重を適切に管理しながら排卵を促すことができる場合もありますので、病気だと決め付けずにまずは産婦人科を受診し調べてみると良いでしょう。

PR