年齢別自然妊娠の確率について!なぜ年齢と共に妊娠しにくくなるの?
353views

年齢別自然妊娠の確率について!なぜ年齢と共に妊娠しにくくなるの?

年齢別自然妊娠の確率についてまとめています。現代では女性の晩婚化が進んでいることから、30代や40代で妊娠することが珍しいことではなくなりました。しかし、自然妊娠の確率は年齢と共に低下してしまいます。では、なぜ年齢を重ねると妊娠しにくくなるのでしょうか?

自然妊娠の確率

高齢妊娠・出産が増えている

以前までは、20代が妊娠・出産のピークという考え方が一般的でした。しかし、ここ数年は30代や40代で妊娠・出産する人も増えています。このように妊娠・出産の年齢が高くなっているのには、女性の社会進出が関係しているようです。

現代では、働く女性が増加しています。

現代では、働く女性が増加しています。そのため、20代から30代までの時間を仕事に費やすことが一般的になりつつあります。仕事である程度のキャリアを築いてから妊娠・出産したいと考えている女性も少なくないはずです。

また、女性の高齢妊娠・出産には芸能人の影響も少なからずあるかと思います。芸能人という仕事柄、30代や40代で妊娠・出産することも珍しくなく、高齢出産のニュースを目にすることも良くありますよね。この影響から、自分も30代や40代でも自然に妊娠ができると思ってしまう女性が多いのです。

年齢別自然妊娠の確率

将来妊娠を考えているのであれば年齢別自然妊娠の確率を頭に入れておく

このように、高齢での妊娠・出産が当たり前になりつつある世の中ですが、自然妊娠の確率は年齢と共に低下していきます。そのため、将来妊娠を考えているのであれば年齢別自然妊娠の確率を頭に入れておくことをおすすめします。

では、年齢別自然妊娠の確率を見ていきましょう。まず、20代から30代前半までの自然妊娠の確率は25%から30%と最も高くなっています。年齢別に見てみると最も高い数値ですが、それと同時に1回の性交で妊娠する確率は決して高くないことが分かります。

30代後半になると、自然妊娠の確率は18%まで低下します。自然妊娠の確率は、37歳頃から大幅に低下していくと言われています。その後、40歳で5%、45歳で1%となります。40歳を過ぎると自然妊娠の確率が1桁まで低下することから、年齢を重ねれば重ねるほど自然妊娠が難しくなることが分かります。

自然妊娠の確率が低下する理由

女性は、卵巣に卵子を持った状態で産まれてきます。これが将来妊娠するために必要不可欠なものであり、これから先増加することはありません。つまり、産まれた時が最も多くの卵子を持っている状態で、年齢と共に卵子の数は減少していくということです。

元々約200万個の卵子を持っていますが、生理がくる前までにその数は約20万個まで減少します。その後、毎月訪れる生理ごとに約1000個の卵子が減少していきます。年齢を重ねるごとに卵子の減少はスピードアップしていき、50歳前後で卵子が全てなくなり閉経となります。

年齢と共に、卵子も老化していく

卵子の数が年々減少するとは言え、ゼロではないため妊娠できるのでは?と疑問に思いますよね。もちろん、卵子があるため妊娠することは可能です。しかし、残された卵子はいつまでも健康な状態ではありません。年齢と共に、卵子も老化していくのです。

年齢別流産の確率

前述した卵子の老化は、流産にも大きく関係しています。年齢と共に自然妊娠の確率は低下していくと述べましたが、それと同時に流産の危険性が高くなっていきます。20代から30代前半の流産の確率は10%程度ですが、35歳で25%、40歳で40%、45歳で50%と上昇していきます。40代後半になると、妊娠してもその半数が流産してしまうという結果です。

卵子の老化は、防ぐことはできません。高齢での妊娠・出産が多くなってはいますが、女性にはリミットがあることを知っておかなければならないのも事実です。

PR