不妊でがんばっている人は知っておきたい。不妊症治療のカウフマン療法。
165views

不妊でがんばっている人は知っておきたい。不妊症治療のカウフマン療法。

不妊の原因がわかっている人には強い味方です。不妊症治療のカウフマン療法。ここ数年でよく耳にするようになった治療法なのであまりよく知られていませんが、またの名をエストロゲン・ゲスターゲン周期療法という女性の体のコンディションに合わせて行う治療方法です。その内容についてのまとめです。

ホルモン治療のひとつです。

ホルモン治療のひとつです

生理周期がはっきりしない人向け

不妊症治療のカウフマン療法は排卵が発生しない生理が来ている人やダラダラと続く生理・・・いわゆる無排卵月経の人が進められる不妊治療のひとつです。患者の体調に応じて卵胞ホルモンを投与していくことで体のホルモンバランスを擬似的に正常な波に乗せることで排卵を促すといった療法になります。

カウフマン療法

メリット

脳をだますような形で正常なホルモン周期にする為のホルモンを人為的に正常な周期に投与する為、体にムリをさせるというのではなく、体をより自然に近い状態に戻沿うとするため、人によっては数回のカウフマン療法によって脳がホルモンを正常に分泌するという結果を得る人もいます。

生殖器を休ませる治療法なので基本的には体に優しい治療方法です。

デメリット

この治療法はやはりホルモン治療です。事前に医師からは説明があると思いますが、血栓の恐れがあるため、心臓や血液の疾患が過去にあった人などは経過などによってはNGが出る可能性があります。またホルモン治療に特有の乳がんなどの可能性も捨て切れません。

生殖器を休ませる治療法なので多くの人が2クルー、3クルーの後で妊娠に成功しているのですが、休ませて、誘発するなどを行うため、通常の不妊治療より妊娠まで時間がかかります。

また、この治療を行っている時期は妊娠がNGですので、避妊するようにいわれるのでより焦る人も多いようです。焦りやストレスなどは不妊治療ではもっともNGとされるものです。ゆったりとした気持ちで行いましょう。

ホルモンバランスを正すには?

女性ホルモンによい食べ物というと大豆イソフラボンとすぐに思いつきますが、大豆イソフラボンだけを過剰に摂取することは逆に女性ホルモンのバランスを崩すということが最近の研究でわかってきました。色々な食べ物に含まれる色々な栄養素と組み合わせることによって体内では正常なバランスを保つことができるのです。

かぼちゃ

かぼちゃ

夏野菜の代名詞。そろそろ旬で美味しいものが出回ってきています。野菜は皮ごとふかして食べるのが一番栄養的にはよいといわれていますが、かぼちゃはまさにちょっと塩をふってふかすだけで、立派なおかずにもおやつにもなります。また、天ぷらにしても、ミキサーで西洋風にポタージュにしても、いずれにしても皮ごとまるごといただける優良野菜です。

たまご

たまご

一日一個とよく言われていますが・・・実はこの一日一個、昭和の初期に、草食動物のうさぎに行った実験で出た結果だったのです。人間は雑食動物、現在では一日一個とはいわず2~3個食べてもOKです。但し、卵ばかり10個も20個も・・・これは卵だけでなくて、同じ食物ばかりを大量摂取するということは卵じゃなくてもNGです。日本の卵は生でも食べれる衛生的にも非常に優秀な卵です。

やはりコレ

大豆製品が一番摂取しすぎはNGですが、豊富ということでは大豆製品が一番です。サプリメントで過剰に摂取するのはNGですが、食物、特に日本人が昔から食べてきた、納豆、味噌、豆腐などの食料品から摂取するのは美容的にもとてもよいことです。日本人が昔から食べてきているため、日本女性の体に優しい食品といえます。

PR