妊娠のフライング検査に注意!正しい判定結果のための妊娠検査薬の使い方
159views

妊娠のフライング検査に注意!正しい判定結果のための妊娠検査薬の使い方

赤ちゃんが欲しいと妊活をされている方は、早く妊娠しているかを知りたいと思い、妊娠のフライング検査をしてしまう方が多いのかもしれません。妊娠のフライング検査をしてしまうと、正確な判定結果ができないため、妊娠検査薬がもったいないことになってしまいます。正しい妊娠検査薬の使い方をご紹介しましょう。

教えて!妊娠のフライング検査!

4a74a85c5bd1128643c7ca6a99076ced_s

妊娠のフライング検査をしないためには、どのようにすれば良いのでしょうか?妊娠検査薬の使い方について勉強をしましょう。

妊娠検査薬はいつから使えるの?

妊娠をすると、女性ホルモンの1つであるhCGの分泌が始まります。このhCGホルモンは、尿中に排泄されるため、hCGホルモンの有無によって妊娠をしているかどうかが分かります。

妊娠検査薬の使用可能時期

多くの妊娠検査薬の取り扱い説明書には、生理予定日の約1週間後を目安に妊娠検査薬を使うようにと書かれています。それ以前に使うと、尿中のhCGホルモン濃度が低いため正しい判定結果が出てこないことがあります。
ただ、妊娠検査薬の種類によっては、生理予定日当日、生理予定日前からOKなものなど色々とあるので、購入した物の注意書きをしっかりと読んで使うことが大切です。

妊娠のフライング検査のチェック結果はどんなもの?

生理予定日のおよそ1週間後に妊娠検査薬を使って、妊娠しているかどうかを調べることがベストですが、もしそれ以前に使ってしまった場合、妊娠のフライング検査となります。妊娠のフライング検査をしてしまうと、検査薬の窓にうっすらと薄い妊娠判定が出ます。
これは、まだhCGホルモンがしっかりと出ていないということになります。妊娠のフライング検査をしてしまったら、結果を持って、産婦人科へ行き検査をしてもらいましょう。

妊娠のフライング検査をしないためには?

妊娠のフライング検査をしないためには

妊娠検査薬は、1回800円から1,400円程度するので、安いものではありませんよね。妊娠のフライング検査で1回分を無駄にしないためにも、妊娠検査薬を使うときには以下の点に注意をしましょう。

【妊娠検査薬を使う日】
妊娠検査薬の注意書きをよく読んで、生理日予定前に使うことができるのか、当日なのか、1週間後なのかを確認しましょう。

【妊娠検査薬の検査時間】
妊娠検査薬によっては、尿をかける時間が3秒と短いものや、7秒必要なものなどがあります。短い検査時間のものに、長くかけてしまっては正しい判定ができませんし、その逆も同様です。どのくらいの時間尿をかけなければいけないのかを確認しましょう。また、コップに尿をとった場合の検査時間が、かける場合と異なるものもあります。しっかりと検査をするためにチェックしましょう。

【妊娠検査薬の判定時間】
妊娠検査薬に、尿をかけてから判定結果がでるまでの時間も注意しましょう。判定時間はおよそ1分程度というものが多いです。10分以上経過したものは、正しい結果がでないため、長時間放置してチェックすることも問題があるようです。
便利なデジタル式の妊娠検査薬

妊娠検査薬を購入するときは、お店に様々な種類のものがあるので、どれにしようか迷ってしまうかもしれませんね。初めて妊娠検査薬を使うのであれば、デジタル式の妊娠検査薬を考えてみても良いでしょう。
判定結果が液晶ディスプレイにデジタル表示されるため、線が出たどうかの結果がわかりづらいアナログ式のものよりも使いやすいのではないでしょうか?

妊娠検査薬の購入は、インターネットでもできます。ネットであれば、色々な種類の中から選ぶことができるので、選択の幅が広がって良いかもしれませんね。

PR