臨月のお腹の張りは後期までとは別モノ?張りが起こる理由と起こった時の対処法を解説!
26,854views

臨月のお腹の張りは後期までとは別モノ?張りが起こる理由と起こった時の対処法を解説!

臨月のお腹の張りは妊娠後期までにあったお腹の張りとは違って、薬で止めずに積極的に起こって良いもの。お腹の張りが陣痛から出産の始まりの兆候とも言えます。ここでは臨月におこるお腹の張りの原因と張りが起きた時の対処法を説明します。

臨月のお腹の張りは心配不要?

臨月のお腹の張り

お腹の張りといえば、妊娠後期までは張り止め薬が処方されるなどして張りを抑えようという処置がとられます。しかし、臨月になると逆にお腹の張りが起こるよう促されることも。

というのも、臨月で既に赤ちゃんがいつ生まれてもいい状態になっていれば、出産の兆候である張りを止める必要はないからです。そのため、臨月にお腹の張りがよく起こるようになっても不安になる必要はありません。

出産準備が進んでいる証

お腹が張ると、お腹全体がキュッと固くなったようになり個人差はありますがひきつれるような痛みを感じることもあります。子宮が収縮しているために起こる現象で、出産に向けて準備をしている証と言えます。
お腹の張りを感じてもそれほど強くなく、時間とともに引いていくようなら出産はまだの可能性が高いです。

お腹の張りと陣痛の見分け方

どちらの場合もお腹がキュッと固くなる感じと痛みはあります。そのため、陣痛かどうかは張りが続く時間や繰り返すタイミングを見て判断しましょう。普通の張りであれば、少しすると次第にお腹が元の柔らかさにもどり、すぐまた張ることはありません。
しかし陣痛の場合、一定の間隔で張りがやってきてその間隔と継続時間が長くなっていきます。陣痛かもしれないと思った時は、入院予定の産科へ連絡し指示を受けましょう。

張りが起きても悩まない、前向きにとらえる

検診で特に問題なしといわれていれば、臨月にお腹の張りがおきても心配はいりません。もし妊娠後期までにお腹の張りを経験することがなければ不安になるかもしれませんが、赤ちゃんが生まれようと準備していると前向きにとらえてみましょう。

急にお腹が張ったらどうする?

自宅にいる時や外出先でお腹が急に張ることもあります。その時は動くのをやめて休憩しましょう。イスに座ったり歩くのを止めて静かにしたりして、張りがひくのを待ちます。

積極的に張りを起こしたい時は

ウォーキング

臨月にお腹の張りを起こしたい

全身運動になるウォーキングは健康な妊婦さんにはおすすめ。上のお子さんと一緒にお散歩もいいですが、自分ひとりでウォーキングできる時間を作るためにご主人と相談してみては。
注意するポイントは、おなかをねじって歩かないこと。お尻を振るようにするとねじれやすいので、自転車をこぐ時のようなイメージで足を出していくとお腹への負担が軽くなります。

ぞうきんがけ

昔から陣痛を呼ぶのに良いと言われている方法のひとつ。四つん這いになって、自宅の床を拭き掃除します。水拭き・からぶきどちらでも構いませんが、妊娠中は手荒れもしやすいので心配な方はビニール手袋などをつけて行いましょう。
四つん這いになることで股関節や会陰をストレッチさせ柔らかくします。

階段ののぼりおり

階段の昇降運動も人気の方法で、アパートやマンションに住んでいる方はすぐに行えて便利では。気を付けたいのは、階段を下りる時。実は階段を降りる時の方が大変で危険なので、手すりをもってゆっくりと降りるようにします。不安な時はあればエレベーターで降りてもOK。

陣痛を起こさせる努力は赤ちゃんに悪い?

妊婦さんの中には、臨月にあらゆる運動をして陣痛を呼ぼうとすることを大人の都合ととらえて赤ちゃんに申し訳ないと考える方もいるでしょう。しかし、赤ちゃんがいつ生まれても良いように体力をつけたり柔軟性を高めたりする努力ととらえてはいかがでしょうか?

~たとえばこんなオススメ商品~

☆☆ハグラビ☆☆

生まれる前から差がつく!?お腹の赤ちゃんにもママにも重要な栄養素があるって知ってた?
赤ちゃんの学習力や成長に、DHA・EPAをママのフィルターを通して摂取!

今なら期間限定特別キャンペーン中⇒
hg001

 

PR