臨月に快便になることは出産と関係がある兆し!悩んだ便秘が改善する理由
54views

臨月に快便になることは出産と関係がある兆し!悩んだ便秘が改善する理由

長い期間便秘に悩まされている妊婦は多くいます。その便秘に悩まされている妊婦が、臨月に快便になることがあります。同じ生活サイクルを送っているのにお腹の状態が変化することは、出産の兆しと関係があるようです。そこで妊娠中の便秘から臨月の快便、出産について説明します。

妊婦のお腹の調子の状態!どれだけ変化があるのか?

妊婦のお腹の調子の状態!どれだけ変化があるのか?

女性が妊娠することにより、出産までの期間となる十月十日は、妊娠する前のお腹の状態と異なる人が多く存在しています。これは妊娠による影響でお腹の調子が妊娠前と異なることになりますが、臨月に入るとそのお腹の調子が驚くほど改善されることになります。

便秘薬や運動を行うことによる改善ではなく、臨月に入り出産をする兆しがみえるとお腹の調子が自然と改善されることになります。

状況によっては快便以上にお腹がゆるい状態になりますが、これは出産を行うことで出産前のお腹の状態に戻ることになります。この妊娠中のお腹の調子については臨月と臨月以外の妊娠期間に分けて説明することができます。

妊婦の妊娠から臨月前の期間のお腹の調子

妊婦の妊娠から臨月前の期間のお腹の調子

臨月の前の期間中に便秘になる妊婦にとっては、それまでのトイレ生活とは180度異なることになります。

便秘で悩まされたことがない人にとっては大変切実な問題です。そのため便秘で精神的にまいってしまう人もいますが、便秘については、妊娠による影響だと割り切って向き合う必要があります。

便秘の症状としては、便が硬くなり出にくい症状、排便したのにスッキリ感がない残便感の症状が残ってしまう、お腹が張ってしまう等の症状があります。

この症状は、継続して長く続くこともあり妊婦の中には数週間排便がない人も存在しています。数日で普通の排便があれば良いほうだといえますが、怖いのは便が硬くなり痔など別の症状を伴う恐れがあることです。

そのため妊娠中の便秘については早めに解消し、快便の症状にすることが大変望ましいことになります。

妊娠中の便秘の原因と改善方法!

妊娠中の便秘の原因と改善方法!

妊娠することで、体にいろんな変化が現れますが、便秘もその1つとなります。特に妊娠の初期状態のときには便秘になりやすいと言われています。

便秘の原因としては妊娠による体の中のホルモンバランスが変化してしまうことです。

このホルモンバランスの変化の1つは黄体ホルモンが増加してしまうことです。このホルモンは、妊娠の状態を維持する作用がありますが、それと同時に体に栄養を蓄えるホルモンでもあります。

その影響で排便が上手に行われなくなります。排便については食べた物により大きく影響されます。妊娠初期のつわりの影響により正しい食生活が出来ない場合には排便をスムーズに行うことが難しくなります。

妊娠期間は運動不足になることが多いために便秘につながってしまいます

妊娠している時は体調の変化や普段の生活が変化することにより疲労やストレスをより感じることになります。

この症状により便秘になりやすい体になることがあります。快便する方法の1つに腸を活発にさせる運動がありますが、妊娠期間は運動不足になることが多いために便秘につながってしまいます。

特に妊娠初期には過度な運動を選択することは望ましくないため、便秘を改善する方法としては、食生活の見直しを行います。排便するためには水分が必要となるので適度に水分補給を行うことも必要となります。

食物繊維を多く摂取することは排便を促進させる作用があります。水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の役割を理解してバランスよく摂取します。

便秘改善のためのツボもありますので、体を動かすのを不安に感じてしまう方は、便秘に効くツボマッサージが大変効果的です。

悩まされた便秘は臨月に快便に変化する!

悩まされた便秘は臨月に快便に変化する!

妊娠期間中に便秘に悩まされていた妊婦が臨月に入ると劇的に便秘が解消されることになります。

これは体が出産するための変化があるからです。黄体ホルモンの分泌量が減少するため、腸を弱らせていた作用が薄れていき、妊娠前の正常な腸の状態に戻ることになります。

腸が活発化することで、便秘だったのが快便になっていきます。このことから臨月に快便になる事は出産が近い兆候になるのです。

しかし、妊娠期間中も快便だった場合には、腸が活発になり過ぎて下痢になることもあり、また子宮が出産に向けて骨盤の方へ下がっていきますので、腸や膀胱が圧迫されてしまい、頻尿や下痢の症状が起きてしまうとのことです。

臨月の時に気をつけたいのは体を冷やさずに温めることです。

血行を促進させることや内蔵の働きを活発にさせるため体を温める必要があります。水分補給も続けて行うことが必要ですが、食物繊維に関しては快便になったときには少しセーブする必要があります。

臨月なのに便秘に悩まされる!

臨月なのに便秘に悩まされる!

上記のとおり、臨月になるとほとんどの人が便秘から解放され快便または、下痢の症状になります。

しかし、なかには臨月になったことにより便秘に悩まされる人がいます。臨月で便秘になる原因としては、赤ちゃんの成長が関係してきます。

赤ちゃんが大きく成長することで内臓圧迫することになり、出産には問題がないのですが、排便に関しては便の排出を妨げることになります。また臨月はお腹が大きい状態なのでさらに運動不足になり便秘を助長してしまいます。

臨月に便秘に悩まされるときには、通常の便秘の解消と同じように食生活で改善させましょう。薬や浣腸をなるべく避けるためにも食生活で改善させる必要があります。水分補給を行う事はもちろんのこと食物繊維が多い野菜を摂取することを中心に考えましょう。

一日の中で1番良い排便タイムとなる朝の時間帯に排便するために朝食は必ず摂取しましょう。臨月の便秘はつらいですが、赤ちゃんがお腹の中で大きく成長した証と考えることができます。そのため出産の兆候だと考えてリラックスしながら毎日を過ごすことも必要です。

リラックスしながら毎日を過ごすことも必要です

PR