臨月に生理痛?!正体は「前駆陣痛」
201views

臨月に生理痛?!正体は「前駆陣痛」

出産前には陣痛が起こりますが、それとよく似た症状で、臨月に生理痛のようなものが起こります。これは「前駆陣痛(ぜんくじんつう)」と言って、出産前の陣痛の予行練習のようなものです。症状が軽い人と重い人がいます。

前駆陣痛というニセの陣痛

前駆陣痛というニセの陣痛

前駆陣痛(ぜんくじんつう)とは、妊娠36週~40週未満の臨月に生理痛のような症状が出ますが、一時的なものですぐに消えます。「偽陣痛」とも呼ばれており、陣痛と間違えないように注意が必要です。「前駆陣痛がひどいと出産が重くなる」などと言われたりもしますが、確かな根拠はありません。前駆陣痛は子宮の収縮によって起こりますから、生理痛のように個人差があります。生理痛も症状の重い人と軽い人がいるように、前駆陣痛でもお腹が張ったり、痛みが出る場合があります。しかし、本物の陣痛ではないので、破水するようなことは起こりません。そのまま本陣痛に移行するようなこともないので、前駆陣痛が起こってもすぐにおさまると思った方がよいでしょう。

前駆陣痛の起こる頻度

前駆陣痛の起こる頻度は不規則で、突然痛みが襲ってきたかと思うとすぐにおさまったり、お腹が張るようなこともたびたび起こります。夜寝ている時に起こることもあるので、前駆陣痛のおかげで眠れなくて寝不足ぎみになるおそれもあります。前駆陣痛が起こったからといって産婦人科を受診する必要はありませんが、生理痛のような症状が長い時間続いたり、お腹の張りがおさまらない場合などは診てもらった方がいいかもしれません。前駆陣痛は本陣痛との区別がまぎらわしいですから、前駆陣痛ではなく本陣痛だったという場合もありえます。前駆陣痛の起こる頻度が規則的になってきたら、本陣痛を疑ってみてください。

前駆陣痛と腹痛との違い

前駆陣痛と腹痛との違い

前駆陣痛と腹痛との違いですが、普段から腹痛が起こりやすい人は、前駆陣痛との見分けがつきにくい場合があります。特に、初めてのお産で陣痛がどういうものか経験がないと、前駆陣痛もわかりにくいでしょう。生理痛と似ていると言われても、生理痛にも個人差があり、強い人とそうでもない人がいますから、判断がつきにくいかもしれません。産婦人科を受診するタイミングもわかりにくいですが、妊娠36週~40週ぐらいになったら生理痛のような症状が出ますから、定期健診などの際、産婦人科で本物の陣痛がいつ頃になるかをご確認ください。

破水の前の前駆陣痛

出産の大きな目安となるのは「破水」です

出産の大きな目安となるのは「破水」です。破水は、胎児の入っている卵膜が破れて羊水が排出されるというものです。破水は本陣痛が起きる前に起きる場合があるため、注意が必要です。前駆陣痛は本陣痛の前に起こりますが、破水と本陣痛は順番が入れ替わることがあるようです。破水が起きたら、すぐに産婦人科を受診してください。ただ、この破水も大量に出る人と少量しか出ない人があるので、破水に気づけない人もいます。尿漏れなどと区別がつかない場合もあるので、出産前には前駆陣痛だけでなく、破水にも気をつけた方がよいでしょう。

前駆陣痛の始まる時期

前駆陣痛の始まる時期ですが、出産のかなり前から起こる人と出産間際に起こる人がいます。ただ、前駆陣痛が始まった時は、破水や本陣痛も始まることが予測できますから、産婦人科をいつでも受診できる準備をしておいてください。特に、破水するとかなりの人がパニックに陥ります。前駆陣痛を本陣痛と間違えて出産のために入院してしまう人もいるようですから、心配なら入院準備をしておいてもいいのではないでしょうか。早産する場合もありますから、出産のタイミングは、出産予定日に近いとは限りません。前駆陣痛が始まったら、出産への心の準備をしておいてください。

PR