眠れないのは本当に辛いんです!臨月の不眠の原因はいったい何なの!?
718views

眠れないのは本当に辛いんです!臨月の不眠の原因はいったい何なの!?

臨月の不眠に悩まされている妊婦の方って本当に多いと思います。ただでさえ昼間重いおなかを抱えながら動き回って疲れているのに夜眠れないなんて本当に大変です。眠れないとお腹の中の赤ちゃんにも悪い影響が出てしまうのではないかと不安になってしまいますよね。不眠の原因と改善方法をまとめました!

臨月の不眠に悩まされる妊婦は多い!

臨月になると急に眠れなくなるという妊婦さんが多くなります。出産間近で不安も疲れもピークに達している妊婦さんにとってはとっても辛いことだと思います。いったい臨月の妊婦さんの体の中でなにが起きているのでしょうか?

臨月の不眠の原因とは!?

激しい胎動が寝られない原因になっている

臨月の胎児の胎動が大きくて眠れない

お腹の中で赤ちゃんが元気に動き回れるようになると、その胎動のせいで夜眠れないということが引き起こってしまいます。赤ちゃんが激しく動くと、胃や下腹部、足の付け根などが蹴られてしまい痛みを感じます。お腹が張ってしまうときもありそのせいでなかなか眠りにつくことができなくなります。また、膀胱が蹴られて圧迫されることによりトイレが近くなってしまいます。そのためトイレにわざわざ起きたりしているうちにどんどん眠れなくなっていくのです。

ホルモンバランスの乱れや精神的な理由が原因!

妊娠後期はエストロゲンの分泌が活発になり不眠になりやすい

妊娠後期になると女性ホルモンの一つであるエストロゲンと呼ばれるホルモンの分泌が活発になります。このエストロゲンには眠りを浅くする働きがあり、不眠を引き起こすといわれています。また、ホルモンバランスが崩れたり、日々の出産に対する不安やイライラが高まっています。このように気が立ってしまうと眠れなくなってしまうことがあります。

お腹が大きくて寝苦しい・・

臨月になるとお腹の大きさはとても大きくなっています。お腹が大きくなると普段通りの寝相では苦しくて眠れません。寝やすい体勢を見つけるのだけでも大変です。お腹が大きいことによる圧迫は不眠を引き起こします。

臨月の不眠を乗り切るためにできること!

寝るときはシムスの体位で寝るのがおすすめ!

お腹が大きくなると寝苦しくなりがちです。仰向けで寝てしまうと血管を圧迫してしまうため赤ちゃんが低酸素状態になってしまったり、低血圧になてしまいます。うつ伏せはお腹が邪魔してできないですし、お腹に負担がかかってしまうのでできません。ではどうやって寝たらよいのかというと、シムスの体位で寝るのがおすすめなんです。シムスの体位というのは体の左側を下にして横向きで寝るというものです。お腹の下や、右足のひざの下にクッションや座布団などを挟むと寝やすくなります。また、抱き枕を使うのも寝やすくなるのでおすすめです!自分で寝やすい体勢を見つけてみてください!

夜まとめて寝られないなら昼間に寝ちゃおう!

妊娠後期の不眠対策に昼寝を積極的に

夜にどうしても寝られなくて辛いときには空いた時間や、胎動が収まっている時間にちょこちょこ仮眠を挟むのがおすすめです。昼間にうとうとしてしまったり、疲れがたまってきたなと思ったら積極的に睡眠をとるようにしましょう。妊娠中の睡眠は量よりも質を意識して短時間でもぐっすり眠れる時間を作ることが大切です。

妊娠中の不眠は仕方がないと割り切ってみよう!

ただでさえイライラしているのに、寝られないとさらにイライラしてしまうと思います。寝られないからどうしようと思うのではなく、妊娠中は寝られなくても仕方がないと割り切って考えることで心が軽くなると思います。妊娠中にイライラがたまってうまく発散できないと出産後に産後うつになってしまうことが多いので妥協できる点は妥協して完璧を求めすぎないことが大切です。

PR