体重増えすぎ、運動不足・・・安産につながる妊娠後期の運動いろいろ
245views

体重増えすぎ、運動不足・・・安産につながる妊娠後期の運動いろいろ

誰だって安産が良いですよね?でも運動不足だと体重が増えすぎたり体力がなくなったりして難産になる恐れもあります。妊娠後期の運動は、安産につながる嬉しい効果がいっぱいあって、産後の回復も変わってきますので、ぜひ取り入れてみてください。

必要以上に体重が増えると出産のリスクが高くなってしまいます。

「妊娠しているんだから、いつもよりちょっとくらい多めに食べちゃっても大丈夫でしょ。」

そんな風に自分を甘やかして、太り過ぎてしまっている妊婦さん、身に覚え有りませんか?
確かに妊娠中はおなかの赤ちゃんに栄養を送るため、妊娠前より意識して食べることもあるかもしれません。食べづわりで気持ち悪くなることもあるので、空腹にならないよう常に食べている人もいるでしょう。でも、必要以上に体重が増えると難産になったりお産が進まなかったりして出産のリスクが高くなってしまいます。

妊娠後期にしっかり身体を動かしておくと、体重の増加を防ぐことはもちろん、むくみや便秘、腰痛を軽減させることにもつながります。妊娠後期はさらにお腹が大きくなって日常生活が一層不便になりますし、目の前に迫ったお産への不安もあり、ホルモンバランスを崩しがちです。

そんな時にも軽い運動を取り入れるのは、気持ちがリフレッシュしてオススメなのです。体調も安定してきますので、妊娠後期の運動はやって損はありません。

妊娠後期にやっておきたい運動

まずは有酸素運動

まずは有酸素運動

妊娠後期の運動でまず最初にオススメしたいのが有酸素運動です。有酸素運動と言えばウォーキングやマタニティビクスがあります。体力がつくことはもちろん、血流が良くなるのでむくみや便秘の予防につながります。子宮口が開きやすくなったり股関節が柔軟になったりして安産になりやすいとも言われています。

臨月になってもできますので、ウォーキングであれば、毎日行うことがオススメです。1回にかける時間は30分程度でいいので、無理のない範囲で続けてみましょう。

ヨガでリフレッシュ

ヨガでリフレッシュ

マタニティヨガは、基本的に妊婦さんひとりひとりの状態に合わせてプラン立てされます。
ヨガ=深呼吸といってもいいほど、呼吸法をマスターしてこそ心身の調子を良くすることになり、固まった筋肉をほぐしたりリラックス効果をもたらします。ヨガをしておくと産後の回復も早いと言われていますので、体調に余裕があればぜひやってみてください。

水泳もおすすめ

身重の身体で運動するのはシンドイという方にはマタニティスイミングがオススメです。水中なので身体が軽いですし、普段より体重があるので浮力もあります。

マタニティスイミングではクロールや背泳ぎ、バタフライなどを泳ぎます。妊婦さんでも普通に泳げるの?って思うかもしれませんが、実は案外泳ぐことができます。ただし、平泳ぎは股関節が上手く開かないのでマタニティスイミングでは取り入れていません。

ジムによっては助産師や看護師が付き添ってレッスンしてくれますので、いざという時も安心です。妊娠出産の悩みなども聞くことができます。全然泳げない人でも一から教えてくれたり、泳がなくても音楽に合わせたエクササイズなどがありますので、無駄にはなりません。全身運動で、出産直前までできるので体力作りにもってこいの運動です。

掃除や雑巾がけもGOOD

掃除や雑巾がけもGOOD

安産には雑巾がけ!なんて昔から言われていますが、これは案外迷信などではなく足腰が鍛えられるので、安産ストレッチになるんだそうです。
分娩の時、赤ちゃんの顔がお母さんのお尻の方を向いた状態で出てくるとスルッと出られるそうですが、雑巾がけにはこの効果があると言われています。掃除自体も身体を動かしていい運動になりますので、毎日こまめにお掃除するのもオススメです。

PR