妊娠後期の恥骨痛の原因と4つの対処法。ダイエットで話題のアレが効く!?
594views

妊娠後期の恥骨痛の原因と4つの対処法。ダイエットで話題のアレが効く!?

経験してみたいとわからない、辛い妊娠後期の恥骨痛や腰痛。妊娠後期に痛む本当の理由と、自分で痛みを緩和できる4つの方法をお伝えします。意外!?ダイエットで話題になった○○が妊娠後期の痛みにも効果的だそうです。

妊娠後期、恥骨が痛くなるのはどうして?

妊娠後期の恥骨の痛み

妊娠後期にお腹が大きくなってくると、腰や恥骨の痛みに悩まされる妊婦さんも増えてきます。中には痛みのあまり立ち上がれない、歩けない妊婦さんもいるほどです。
妊娠後期の恥骨痛はどうして起こるのでしょうか。

一つは単純にお腹が大きくなったり体重が増えることによる体のバランスの変化があります。
もう一つはホルモンのバランスです。女性の骨盤は普段はほとんど閉じていますが、出産の時には大きく開いて赤ちゃんを通します。そのため出産が近づくとリラキシンという女性ホルモンが分泌され、骨盤の靭帯を緩めるのです。

この辛い腰痛や恥骨痛、基本的には出産すれば治ります。もう少しだからと我慢するのも対応の一つですが、どうしても辛い場合どうにかならないものでしょうか。
4つの対処方法をご紹介しますので、試してみてくださいね。

マタニティスイミング

妊娠後期の恥骨の痛みの対処法

妊婦さんでもそうでなくても、腰や骨盤の痛みのある方に向いているスポーツはスイミングや水中ウォーキングです。
マタニティスイミングは妊娠後期の恥骨痛や腰痛に一定の効果があります。体重の増えすぎの予防にもなるので、二重に効果があるといえるでしょう。

ただし、臨月になってから新しくマタニティスイミングをはじめるのはお勧めできません。安定期の範疇で恥骨痛が気になったら早めに習い始めることをお勧めします。

ゆっくりお風呂

お風呂で恥骨の痛みを解決

面倒でも毎日ゆっくりお風呂に入ることで痛みが軽減されることもあります。
お風呂では水の浮力のために腰が楽になりますし、温めることで痛みや張りがほぐれていきます。リラクゼーション効果もあります。のぼせない程度にたっぷり温まってください。

骨盤ベルト

妊娠後期の恥骨痛は、骨盤の股側の骨が左右に緩んでしまうために起こります。そこで、その部分をゴムベルトなどで締める骨盤ベルト療法が効果的な場合もあります。

○○ちゃんベルトなどの、妊婦さん用の骨盤ベルトを購入するのもいいですし、なければ普通のゴムベルトを骨盤に巻いても良いのです。サイズが合っていればマタニティガードルでも良いでしょう。
お腹や腰は決して締め付けず、あくまでも骨盤下部のそけい部だけを締めてください。

ヨガの猫のポーズ

ヨガで恥骨痛を解消

ヨガの「猫のポーズ」ってご存知ですか。ダイエットに良いとしておかもとまりさんが紹介し、一時期芸能人の間で話題になったヨガポーズです。
実はこのポーズ、普段の腰痛や妊娠中の恥骨痛、腰痛にも良いポーズで、ほとんどのマタニティヨガにも取り入れられています。

まず、両手と両膝をついたよつんばいになってください。肘は伸ばして腕は地面に対して直角、膝、腰もそれぞれ直角になるミニマルなよつんばいです。視線は床に落としましょう。
ゆっくり息を吐きながら、腕や脚は動かさず、背骨だけを丸くして上へと突き出します。このときに頭は下げましょう。

最後に息を吸いながら、頭を上げ、元の姿勢に戻ります。戻したらお尻を下げぺたりとかかとにつけて、息を吐きながら両手を前に投げ出して伸びます。指から腰までは一直線になってお尻が一番高い位置に来、股関節と膝だけが最大に曲がったポーズです。

辛い部分の緊張がほぐれ、とても気持ちのいいポーズです。
ただし、ゆっくりやらないと逆効果ですし、本当に痛くて辛いときには無理にポーズを取らないようにしましょう。

PR