妊娠後期のお腹の張りの原因とは!?お腹の張りは、便秘と間違えることもある!個人差もけっこうあるの?
217views

妊娠後期のお腹の張りの原因とは!?お腹の張りは、便秘と間違えることもある!個人差もけっこうあるの?

妊娠後期のお腹の張りに悩む妊婦さんが多いと言われていますが、具体的なお腹の張りの原因をご存知ですか?お腹の張りは、便秘と間違えることもあるそうです。確かに便秘でもお腹が張りますね。妊娠後期のお腹の張りの原因や対策法について解説していきます。中には、病院を受診をした方がいいお腹の張りもあるって本当!?

妊娠後期のお腹の張りの具体的な原因は!?

妊娠後期のお腹の張り

妊娠中に突然お腹を引っ張られるような痛みやズキズキするような痛みを体験したことのある妊婦さんも多いと思います。妊娠中のお腹の張りというものは、妊娠初期に見られることが多いと言われていますが、妊娠後期になってもお腹の張りに悩む女性も多いといます。

そもそもなぜ妊娠中のお腹が張るのか?という疑問ですが、具体的なお腹の張りの原因は、ズバリ子宮の収縮運動によるものです。
赤ちゃんを包む子宮は、筋肉で出来ているために座ったりするなど少しの刺激でも子宮が緊張状態になります。緊張状態になると子宮が固くなる場合があり、お腹が張ってしまう原因となるそうです。お腹の張りに関しては、個人差があり、お腹に皮下脂肪が多い妊婦さんなどはお腹の張りに気が付きにくかったりもするそうです。

妊娠中にお腹が張りやすくなるタイミングは?

妊娠中にお腹が張りやすくなるタイミング

では、妊娠中には、どんなときにお腹が張りやすくなるのでしょうか?

まずは、長い時間歩いたり同じ姿勢で長い時間いる場合です。長時間立っていたり歩いていると、子宮にも負担がかかるために筋肉が疲れてお腹が張りやすくなるんですね。また、ストレスがあるときや疲れている時にもお腹が張りやすい原因となります。

妊娠中は、普段なんとなく出来ていたことも不便に感じるようになったり、精神的に不安定になったりとストレスを感じやすくなります。また、いつもの家事も面倒になったり体がだるくなったりもしますよね。そんなときは、無理は禁物です。体調が辛い時はパートナーや家族に相談して安静にするなどしましょう。

妊娠中のお腹の張りは、便秘とも間違えやすい?

便秘で悩む女性も多い・・・。

妊娠中の便秘の悩み

妊娠中のお腹の張りは、便秘とも間違えやすいと言われています。妊娠中は、便秘になりやすくなってしまうので、生活習慣を改善したり食生活を野菜中心にするなどして対策するようにしましょう。便秘には、オリゴ糖も効果的と言われているので試してみる価値がありそうですね。

激痛を伴うお腹の張りは、注意が必要?

怖い常位胎盤早期剥離の可能性も・・・?

妊娠37週よりも前に、とにかく激痛を伴うお腹の張りが襲ってきたり、休んでもお腹の張りが良くならない場合などは、早産や流産、または常位胎盤早期剥離などの可能性もあるので、すぐに病院受診をするようにしましょう。

妊娠中のお腹の張りの注意

では、最後に妊娠中のお腹の張りの対処法を解説します。まず原則は、安静にすることが大切です。
お腹が張って気分が悪くなったら、横になって休むようにしましょう。そうすることでかなりお腹の張りも楽になるはずです。外出先でお腹の張りの症状が出た場合は、椅子に座るなどしましょう。
車の運転中など、座っていても長時間同じ姿勢が続く場合は、お腹が張る原因となります。お腹の張りの予防法をしては、長時間同じ姿勢を取らないことが一番です。お腹に異変を感じたら休む!これが重要です。

また先程も解説しましたが、妊娠中のお腹の張りは、個人差があり自分では原因がよく分からないケースも多いです。悩んだり心配なことがあれば、病院を受診し、お医者さんに相談することも大切です。

PR