前期破水とは?妊娠後期のトラブルについて
27views

前期破水とは?妊娠後期のトラブルについて

前期破水とはどのような状態を指すのでしょうか?一般的に破水は出産の兆候として知られていますが、前期破水の場合は赤ちゃんが危険な状態になることも考えられます。前期破水の原因や症状について事前に知っておきましょう。

前期破水とは?

破水と前期破水の違い

破水とは、子宮内にある卵膜が破れて羊水が流れ出すことを指します。

通常ですと、出産が近づいて陣痛が始まってから破水が起こるのが望ましいと言われています。このような正常な破水は適時破水と呼ばれます。また、陣痛は始まっているものの、子宮口が開ききる前に破水してしまうことを早期破水と呼びます。

一方で、前期破水は陣痛が始まる前に破水することを指します。

前期破水と早期破水は似ていますが、前期破水の場合陣痛がきていないため、週数によってはそのまま出産に繋がらないことも多くあります。しかし、卵膜が破れ羊水が流れ出ている状態には変わりないため、早急に対処しなければなりません。

トラブルは妊娠中に付き物です

一般的に破水は出産間近に起こるため、早い段階で前期破水が起きてしまうと多くの人がパニックになってしまいます。

しかし、このようなトラブルは妊娠中に付き物です。そのため、トラブルが起きた際には冷静に対処しなければなりません。妊娠中は突然何が起こるか分かりませんので、事前に知識として頭に入れておきましょう。

前期破水の原因

前期破水の原因はいくつかありますが、中でも最も多いのが細菌感染です。特に妊娠37週未満に起こる前期破水は細菌感染によるものが多いと言われています。細菌に感染すると卵膜が弱くなってしまい、子宮収縮によって卵膜が破れてしまいます。

また、双子などの多胎妊娠や羊水過多症も前期破水の原因となります。これらの場合、子宮内圧が上がりやすくなってしまい、その影響で卵膜が破れてしまいます。

多胎妊娠の場合、前期破水以外にも様々なトラブルが起こりやすいと言われています。そのため、体の変化に敏感に気付くことが大切と言えるでしょう。

喫煙者は妊娠が発覚したら禁煙することがとても重要

他にも、何らかの原因で子宮頸管が開いてしまう子宮頸管無力症や激しい性交渉による刺激で前期破水が引き起こされます。妊娠中期以降は前期破水のリスクが高まるため、性交渉の際には十分注意しましょう。

また、妊娠中の喫煙も前期破水の原因に含まれます。妊娠中の喫煙は胎児に大きな悪影響を与えます。そのため、喫煙者は妊娠が発覚したら禁煙することがとても重要です。

前期破水の症状と対処法

前期破水の症状は人それぞれ

前述したように破水は卵膜が破れて羊水が流れ出す状態です。

そのため、破水をしたら気が付くだろうと油断している人も多いのです。実際、破水の症状は人それぞれですので、中には破水したことに気が付かない人もいます。ましてや前期破水の場合、本来破水するはずのない時期に破水することもあるため、破水したことに気付かないことも珍しくありません。

羊水が多く流れ出た場合は破水したことにすぐに気付くことができます。しかし、羊水の流れ出す量が少ない場合は尿漏れやおりものと勘違いしてしまうこともあるそうです。このように自覚症状を感じにくい前期破水の場合、気付いた時には症状が進んでいることが考えられます。

Happy doctor

Happy doctor / Lisa Brewster https://www.flickr.com/photos/sophistechate/2670224692/

破水したかも?と思ったら落ち着いて病院に連絡し、指示を仰ぎましょう。万が一破水している場合はなるべく早い段階で対処する必要があるため、早急に病院で診察を受けて下さい。このように、妊娠後期はトラブルが起きやすい時期とも言えます。前期破水を予防するためには、外陰部を清潔に保ち感染症を予防することが効果的です。

PR