妊娠後期の貧血は早めに対処して!赤ちゃんが発達障害になるかも・・・
23,930views

妊娠後期の貧血は早めに対処して!赤ちゃんが発達障害になるかも・・・

妊娠後期の貧血についてご紹介します。安定期頃から後期はおなかの赤ちゃんに栄養を送っているので、妊婦さんはどうしても貧血気味になりがちです。もともと貧血のある人などは、いつものことと軽く考えてしまうかもしれませんが、分娩時にトラブルへと発展する可能性が高いので、早めに対処することが大切です。

妊娠後期に起こる貧血

妊娠後期の貧血は決して侮ってはいけません。妊娠すると、鉄分などさまざまな栄養をおなかの赤ちゃんに送るため、母体は鉄不足になりがちです。まあ、妊娠していなくても、女性は全般的に貧血になりやすかったり、立ちくらみがあったりと日常で経験していますので、そんなに深刻なことでもないだろうと思ってしまうかもしれません。しかし、妊娠後期に貧血になるといざ出産という時にトラブルへと発展する可能性があります。たかが貧血、されど貧血ですので、出産前にしっかり対処しておきましょう。

なぜ起こる?妊娠後期の貧血の原因

妊娠中期から後期に増える妊婦の貧血

妊娠中期や後期に妊婦さんが貧血になりやすくなる原因としては、おなかの赤ちゃんに鉄分を送っているからと考えられます。赤ちゃんが成長すればそれだけ栄養分も赤ちゃんへ送らなければなりませんので、妊婦さんは鉄不足になり貧血を起こしやすくなります。

妊娠中は血液が増えても赤血球は増えない

blood-75301_640

妊娠すると自然と血液の量が増えると言われていますが、赤血球はそれほど増えないので、体内における赤血球の濃度は低くなります。赤血球をつくる鉄分やたんぱく質もおなかの赤ちゃんへ送られてしまうので、母体は貧血になりやすいのです。

妊娠することで自律神経やホルモンのバランスが壊れるため、血圧の調節もしにくくなります。これも貧血になりやすい原因の一つです。妊娠中はおなかに血液が集まっていますので、そのような状態ですぐに立ち上がったりすると、頭の方へ血液がいかずに立ちくらみを起こしてしまいます。

妊娠後期の貧血を放置したら大変なことに…

栄養が足りてない=赤ちゃんにも栄養がいかない

たかが貧血、されど貧血、妊娠後期の貧血を放っておいたら、大変なことになります。まず母体に鉄やたんぱく質などの必要な栄養素が足りないということですから、むろんおなかの赤ちゃんにも足りなくなります。赤ちゃんに必用な栄養素が送られないということは、赤ちゃんの成長を妨げることになります。そうすると発達障害や重度身体障害になる恐れもあるのです。

出産にも影響が

陣痛が微弱になってなかなかお産が進まなかったり、分娩時の出血に対応しにくく母体を危険にさらすこともあります。産後回復に時間がかかったり、母乳の出にも影響します。
貧血は、そのままにしておくと後でトラブルに発展しかねないので、絶対に侮ってはいけません。

妊娠後期の貧血の対処法

産婦人科で鉄剤をもらおう

177247557_4

妊婦さんの貧血の多くが「鉄欠乏症貧血」と言われていて、その際には産科などでフェロミアという鉄剤を処方されることが一般的です。朝夕食後に飲む錠剤で、服用後は便の色が黒くなったりします。
また、服用した妊婦さんの1割程度の方に副作用があると言われていて、吐き気や胃のむかつき、便秘や下痢などの副作用を訴える方がいます。鉄剤を飲んで体調が悪くなったという場合には、早めに医師に相談してみましょう。他の鉄剤に替えてくれたり、胃腸薬を出してくれる場合もあります。

鉄分を積極的に摂ろう

82eb8c7106446371459e6e7ebf588a62_s

鉄分不足は食べ物で改善できます。たとえば、牛肉の赤身や魚の血合い、卵などの動物性食品、わかめや海苔、小松菜やほうれん草、ヒジキなどの植物性食品があります。ビタミンCやタンパク櫃は鉄の吸収をサポートする働きがあるので、同時に摂ることをおすすめします。まんべんなくなんでも食べるようにして、貧血改善に役立ててください。

PR