会陰切開をしないために、フリースタイル出産のススメ
264views

会陰切開をしないために、フリースタイル出産のススメ

会陰切開をしないためにどんな出産方法があるかですが、分娩台に仰向けになるこれまでの出産スタイルでは体制に無理がかかり、会陰切開となってしまっています。フリースタイルの出産だと身体に無理がかからず、ラクに赤ちゃんが生める可能性も高いのです。

会陰切開をしないための方法

赤ちゃんを生む時に

会陰(えいん)とは、膣の出口と肛門の間の部分を指します。赤ちゃんを生む時に膣の出口が狭いと、肛門のあたりまで裂けてしまうことがあるのです。それを避けるために、あらかじめ会陰の部分をハサミで切っておくことを「会陰切開」と言います。

「出産はスイカを鼻の穴から出すほどの痛み」などと言われますから、大きな赤ちゃんを生む時に裂けてしまうようなことはありそうです。しかし、出産時には産道が伸びやすくなっていますから、赤ちゃんの頭が出るくらいには伸びるはずなのです。会陰切開をしなければいけなくなるのは、早産などでそのタイミングが合わないケースもあります。

会陰切開をしなければいけない時

会陰切開をしなければいけない時

会陰切開をしなければいけない時というのは、赤ちゃんが子宮からスムーズに出てこられない状態の場合です。出産に時間がかかって、赤ちゃんの命が危険にさらされる場合などは、会陰切開が選択されます。

多少時間がかかっても、赤ちゃんの状態が良く待っていられる場合などは、会陰の部分が十分に伸びるのを待ってから出産することもあるようです。その辺りの判断は、産婦人科のお医者さんにお任せということになるでしょう。

フリースタイルの出産

フリースタイルの出産

出産というと、分娩台に仰向けになって赤ちゃんを生むスタイルが定着していますが、あの姿勢は赤ちゃんを生むのにラクな姿勢ではないという指摘があります。そこで考えられたのがフリースタイルによる出産です。横向きや四つんばい、しゃがんだ姿勢など、お母さんが自由な体勢で赤ちゃんを産めます。

身体に無理のない姿勢でスムーズに生むことができれば、会陰切開をしないで済みます。フリースタイルで出産できる病院を探す必要はありますが、会陰切開をしないためにはフリースタイルがいいかもしれません。

ちなみに、「水中出産」という言葉を耳にしたことはないでしょうか。これもフリースタイルの出産のひとつです。水中出産の場合は、温かいお湯の中でリラックスした状態で出産できるということです。

会陰切開を行わないケース

会陰切開を行わない場合ですが、それはそれで苦労があると言うことです。会陰切開を行わないと、お母さんがいきんだときに肛門のあたりまで裂けてしまう場合があり、そうなると縫い合わせるのがたいへんですし、産後の回復に支障が出ます。

会陰切開を行わなかったために大手術ということもあり得るため、スムーズな出産が無理だと予想される場合に、会陰切開という手段が取られます。出産時に赤ちゃんがどう出てくるかまで完全に予測できるわけではありませんから、思った以上に赤ちゃんが大きかった場合なども、会陰切開が行われることがあります。

会陰マッサージ

そもそも会陰の伸びがよければ会陰切開を行わなくて済むということで、「会陰マッサージ」をするといいそうです。

会陰マッサージのやり方ですが、オリーブオイルなどを使って会陰の周辺をマッサージします。1回10分ほど時間をかけて、週に数回マッサージをしてみてください。

ただ、おなかが大きくなると、そこまで手が届かなくなりますから、マッサージできる期間が限られるかもしれません。会陰マッサージは無理な体勢を取ることなく、できるときに行ってください。

PR