妊娠後期の食事のポイント!妊娠後期に必要な栄養素とは?
98views

妊娠後期の食事のポイント!妊娠後期に必要な栄養素とは?

妊娠後期の食事はお腹の赤ちゃんの成長に欠かせないため、これまで以上にバランスに気を付ける必要があります。では、妊娠後期はどのような栄養素を積極的に摂取すれば良いのでしょうか?お腹の赤ちゃんにとって必要な栄養素と食事のポイントについてまとめました。

妊娠後期の食事のポイント

体重増加に注意!

妊娠後期の食事のポイント

妊娠後期になるとお腹もより一層大きくなり、いよいよ出産が近づいてきたことを実感できます。この時期は妊娠初期や中期よりも食事管理を徹底しなければなりません。その大きな理由が、過度の体重増加を防ぐためです。特に妊娠9ヶ月を過ぎると胃の圧迫がなくなり食欲旺盛になります。あと少しで出産だから食べ過ぎても大丈夫と軽く考えずに、これまで以上に食事に気を付けましょう。

妊娠中の体重増加の目安は、妊娠前のBMI値によって異なります。BMI値が18未満の痩せている人は10kgから12kg、BMI値が18から24の標準体型の人は7kgから10kg、BMI値が25以上の肥満の人は5kgから7kg程度の増加が望ましいと言われています。妊娠中に体重が増加するのは当然のことですが、太りすぎには十分に注意しなければなりません。

妊娠中に体重が増えすぎてしまうと、妊娠中毒症や妊娠糖尿病のリスクが高まります。特に気が緩む妊娠後期はこれらの症状が表れやすいと言われています。また、妊娠中に体重が増えすぎることで難産になるリスクも高まります。お腹の赤ちゃんのためにもママのためにも、妊娠後期の食事管理を徹底してください。

塩分、水分の摂りすぎに注意!

前述したように、妊娠後期は妊娠中毒症に注意しなければなりません。妊娠中毒症になるとお腹の赤ちゃんが未熟児になってしまったり早産になるリスクが高まります。そんな危険な妊娠中毒症を予防するために重要なのが、塩分と水分を摂りすぎないことです。妊娠中は、妊娠前の半分程度の塩分を摂れば十分と言われています。

妊娠後期に摂りたいレモン

妊娠後期の食事では薄味が基本中の基本ですが、薄味だと物足りないと感じる人も多いでしょう。そんな人におすすめなのが、レモンやゆずです。料理にレモンやゆずを使うことによって酸味が増し、塩分が控えめでも美味しい食事を摂ることができます。他にも、大葉やしょうがを使うのもおすすめです。ぜひ試してみてください。

食事をこまめに摂る!

妊娠後期に入ると、大きくなった子宮が胃を圧迫してしまいます。そのため、つわりのような気持ち悪さを感じることや1度にたくさんの量を食べられなくなることがあります。このような場合は、妊娠初期のように食事をこまめに摂るように心がけましょう。少しずつ分けて食べることによって気持ち悪さを軽減することができます。

また、妊娠後期は体重増加や塩分、糖分の摂りすぎを防ぐためにお菓子類は控えるべきです。食事をこまめに摂ることによって間食にお菓子類を食べる機会が減るため、一石二鳥です。

意識して摂りたい栄養素

妊娠後期は量よりも質にこだわって食事を摂ることが大切になります。中でも特に必要不可欠と言われているのが、鉄分とカルシウムです。鉄分は妊娠前の1.5倍、カルシウムは妊娠前の2倍の量を摂取しましょう。具体的な摂取量の目安は、鉄分が1日19.5mg、カルシウムが1日700mgから900mgとなっています。

妊娠後期に摂りたいほうれん草

妊娠初期に必要とされている葉酸も、引き続き摂取しましょう。葉酸は、妊娠初期に摂取することでお腹の赤ちゃんの先天性の異常を防ぐと言われています。しかし、妊娠後期の場合は動脈硬化や貧血の予防として葉酸が役立ちます。妊娠後期の食事には、葉酸が多く含まれるほうれん草やブロッコリーを取り入れましょう。

PR