妊娠後期の口内炎、今すぐ治す4つの方法!
1,434views

妊娠後期の口内炎、今すぐ治す4つの方法!

妊娠後期の口内炎は、ビタミン不足やストレス、つわりによる口内環境の悪化が原因です。妊娠中の口内炎を予防するには、バランスの良い食事はもちろん、ストレスのない状況を保つことが大切です。また、口の中が清潔な状態になるよう、ブラッシングや歯のケアはこまめに行ってください。

妊娠後期の口内炎とは?

妊娠中、特に妊娠の後期には、口内炎が出来やすくなります。これは、さまざまな要因が重なって起こる症状です。最も多いのは、妊娠中の栄養不足です。また、口内環境の悪化や免疫力の低下で、口内炎が出来やすくなります。ここでは、妊娠後期に起こりやすい口内炎の症状と、口内炎を治す方法、注意したい点について詳しく説明します。

妊娠後期の口内炎

妊娠後期の口内炎は、どうして起こるの?

妊娠中は、赤ちゃんに栄養を送り込むため、ビタミンやカルシウムが不足しやすくなります。特に、水溶性ビタミンは、妊娠時に不足しやすい栄養素です。免疫力が落ちたと感じたら、マルチビタミンや鉄分、カルシウムなどを意識して取るようにしましょう。また、つわりなどの影響で、口の中に細菌が繁殖しやすくなります。つわりが酷い時期には、できるだけマウスウオッシュなどで清潔な状態を保ちましょう。

妊娠後期の口内炎を解消する方法・その1

免疫力アップと、必要な栄養を補うため、野菜や果物を意識して取るようにしましょう。特にビタミンやカルシウム、鉄分は普段よりも多めに取るようにしましょう。一日の摂取量については、産婦人科医に相談してから考えるようにしましょう。栄養を補うことは大切ですが、過剰摂取にならないよう注意してください。

妊娠後期の口内炎を解消する方法・その2

つわりが酷い時には、口の中を清潔にするようにしましょう。ここでは、市販薬を使うのではなく、普通の歯磨きやうがいだけで構いません。ブラッシングで口の中を清潔にしておけば、口内炎の広がりや化膿を抑えることができます。マウスウオッシュなどで、清潔な状態を保つと更に良い効果がでるでしょう。もし、自宅に「うがい薬」があれば、マウスウオッシュの代わりに軽く使ってみてください。うがい薬は、口内環境を清潔な状態にしてくれます。ただし、ブラッシングやうがいは、口の中を刺激しないよう、やさしく行ってください。
妊娠後期の口内炎を解消する方法

妊娠後期の口内炎を解消する方法・その3

妊娠中は、何かとイライラや、ストレスがたまりやすい時期です。ストレスがたまると、どうしても口内炎が出来やすくなるので、できるだけリラックスできる時間を取るようにしましょう。

妊娠後期の口内炎を解消する方法・その4

痛みが酷い場合や口内炎の数が多い場合は、産婦人科の先生に相談し、適切な薬を処方してもらいましょう。この方法は、最も安全で口内炎が治りやすい方法かもしれません。もちろん、普段から食事のバランスには気をつけて過ごすようにしてください。

妊娠後期の口内炎で注意したいこと

妊娠後期の口内炎で注意したいこと

口内炎が気になると、市販の薬や飲み薬を試そうとする方が多いです。ただ、口内炎の薬は胎児のことを考えて、できるだけ使わないようにしてください。使う場合は、かならず産婦人科医に相談してから、正しい薬を処方してもらいましょう。間違ったケアで、大切な赤ちゃんの健康に害があっては大変です。

妊娠後期の口内炎・解消法のまとめ

妊娠後期の口内炎は、口の中を清潔にし、バランスの良い食事を取ることで解決できます。妊娠時は、食べ物への好みも変わりやすい時期ですが、ビタミンやカルシウムなど、必要な栄養を補うようにしましょう。また、ストレスを抱えこまず「リフレッシュできる時間」を作るようにすれば、ストレスも改善でき、口内炎の状態も良くなります。

PR