妊娠後期の子宮の痛みには、自然な痛みと危険な痛みがあります!
3,480views

妊娠後期の子宮の痛みには、自然な痛みと危険な痛みがあります!

妊娠後期の子宮の痛みは多くの人が経験しており、決して珍しいものではありません。しかし、そのほとんどは妊娠後期に感じる自然な痛みなのですが、時には危険な痛みが起こることも考えられます。自然な痛みなのか危険な痛みなのかはどのように判断すれば良いのでしょうか?

妊娠後期の子宮の痛み

自然な痛み

妊娠後期の子宮の痛み妊娠後期になると、いよいよ出産が近づいてきます。この頃にはお腹も大きくなっており、様々なトラブルを感じている人が多いでしょう。中でも、妊娠後期の子宮の痛みを感じる人が多いようです。子宮が痛い場合、危険のサインなのでは?と不安に思う人もいるかも知れません。しかし、出産が近づく妊娠後期は子宮が痛むこともよくあります。

妊娠後期の子宮の痛みとしてまず考えられるのが前駆陣痛です。前駆陣痛と陣痛を勘違いしてしまう人も多いようですが、前駆陣痛と陣痛は異なります。前駆陣痛の場合は狭い範囲が痛くなるのに対し、陣痛では子宮から下腹部全体に痛みを感じます。

妊娠後期の子宮の痛みは円靭帯痛の可能性もあります。円靭帯は子宮を支えているもので、妊娠後期になるにつれて引き伸ばされます。この時に感じる痛みは自然な痛みですので、特に心配をする必要はありません。円靭帯痛の場合は横になって休むことで痛みが改善されます。横になるときは、痛みを感じる方を下にしましょう。

子宮痛とは異なりますが、勘違いしやすいのが便秘による痛みです。妊娠中はホルモンバランスの影響から便秘になりやすいのです。そのうえ、妊娠後期は大きくなった子宮が腸を圧迫するため、多くの人が便秘に悩まされます。便秘による痛みの場合は、便秘を改善することで治まります。妊娠後期の便秘は早めに改善することをおすすめします。

危険な痛み

すぐに病院へ行くべき痛みとして、まずは陣痛が挙げられます。妊娠後期になると、陣痛が気掛かりになる人も多いでしょう。ご存じの通り陣痛は出産の兆候です。陣痛だと感じたら、迷わず病院へ連絡して向かいましょう。

陣痛だと感じたら、迷わず病院へ連絡して妊娠後期に感じる危険な子宮の痛みには、早産・子宮破裂・胎盤剥離なども考えられます。このような原因の場合は早急に医師の対処が必要になります。子宮の痛みと出血がある場合には急いで病院へ行きましょう。また、子宮の痛みはあるものの出血をしないケースもあります、出血していないから大丈夫と自己判断せず、異常を感じたら病院へ行くことが大切です。

妊娠後期の注意すべき症状

前述したように、妊娠後期の子宮の痛みは珍しいことではありません。そのため、痛みを感じても自然な痛みなのか危険な痛みなのか判断できない場合もあります。どんな症状を感じた場合に危険な痛みと判断できるのでしょうか?

まず、前駆陣痛と陣痛の見分け方ですが、子宮の痛みや張りの間隔を測りましょう。30分に1回から2回の痛みや張りを感じる場合、陣痛の可能性が高くなります。破水をした場合にも出産が近づいているサインです。また、前述したように痛みの範囲でも判断できます。陣痛かも?と思ったら早めに病院へ電話連絡し、指示を仰ぎましょう。

何らかの異常がある場合にはお腹が石のように硬くなります。いつもとは違ったお腹の張りや異常なお腹の張りを感じたら危険のサインと言えるでしょう。この時に出血していないかを確認してください。異常なお腹の張りと出血がある場合、お腹の赤ちゃんやママの命が危険な状態かもしれません。早急に対処しましょう。

出産まではあとわずか出産が近づく妊娠後期はどうしても痛みに敏感になりがちです。特に初めての妊娠の場合は、様々な不安を感じる時期でしょう。しかし、出産まではあとわずかです。できるだけ穏やかな気持ちで過ごしたいですね。

PR