妊娠後期にモーラステープを使ってはいけないといわれる理由
441views

妊娠後期にモーラステープを使ってはいけないといわれる理由

妊娠後期にモーラステープを使用しない方がよいとされるのは、モーラステープに含まれる成分がおなかの赤ちゃんに影響する可能性があることからです。モーラステープは妊娠中、授乳中、ぜんそくのある場合は使用注意となっています。モーラステープの使用を希望する場合、他の湿布を使用する場合にも医師に相談しましょう。

モーラステープとは?

妊娠後期に使用しない方がいいモーラステープ

「妊娠後期にモーラステープは使用できない」と聞いても、まずモーラステープとは何だろう、と疑問を持つ人もいるかもしれません。モーラステープは簡単に説明すると筋肉痛や腰痛などの際に処方されることのある薄い湿布です。多くの湿布が白く、はがれやすい中、モーラステープははがれにくく、使用しやすいという点はメリットになります。

モーラステープは妊娠後期の妊婦によくない?

モーラステープは非ステロイド系の鎮痛消炎剤で、筋肉痛や腰痛症などをはじめ、肩凝りに使用することもあります。他の湿布と比較し、効果を実感しやすいといわれています。整形外科などで処方されることが多いです。

病院での処方

モーラステープは医療用医薬品で、病院で処方してもらいます。モーラステープには、ケトプロフェンという成分が含まれています。湿布のように貼るタイプの医薬品はただ貼るだけという印象がありますが、モーラステープの成分、つまりケトプロフェンも微量ではありますが、体へと吸収されていきます。このテープの成分が体へ吸収される、という点からモーラステープの使用には注意点があります。

モーラステープに注意が必要な理由と注意点

モーラステープの使用には、医師の指示に従うことや、大量に使用しないことが重要です。もし妊娠中にモーラステープの使用を希望する場合は医師に相談することや、病院でモーラステープを処方された時には安心して使用できるよう説明を受けることも覚えておくとよいでしょう。

妊娠後期にモーラステープを使用しない方がよい、といわれるのは、モーラステープの成分であるケトプロフェンが妊娠後期であるお母さんのおなかの中の赤ちゃんの動脈管収縮や、妊娠中期であるお母さんの羊水過少につながったという報告からです。

アレルギーの方は要注意

モーラステープは妊娠中の女性の他、授乳中や、ぜんそくなどのアレルギー性の症状の場合も使用には注意が必要です。またモーラステープは光線過敏症になる場合がありますので、使用中はモーラステープを貼っている部分が日光に当たらないようにします。また使用後もしばらくの間は日光に当たらないよう気をつける必要があります。

モーラステープは光線過敏症になる場合があるので光に当てないで

妊娠後期にモーラステープを使用せずに過ごすには

妊娠後期にはモーラステープの使用は、貼りたい場所がおなかの傍でなくても注意、あるいは禁止となっています。ただし、どうしても辛い症状がある場合などは、そのことを医師に伝え、何が使用できるのか、どんなものを処方してもらえるのか相談してみましょう。

妊娠後期にはむやみにモーラステープは使わずお医者様に相談を

痛みを和らげるため、代用品としての湿布を薬局などで探す場合にも、薬局で購入できるものは全て妊娠中でも心配なく使用できるとは限りません。自己判断をせずに、医師に相談してから使用するようにしましょう。

マッサージも効果的

また湿布の使用の他、腰痛などはタオルで温めたり、マッサージをするといった方法もあります。マッサージはゆっくりと優しく行い、もし痛みを感じた場合にはやめましょう。他にマタニティビクスやマタニティヨガ、マタニティスイミングの腰痛対策があります。決して無理をせず、気持ちの向いた時に負担を感じないところから行ってみるとよいのではないでしょうか。

PR