安定期といわれる妊娠16週。楽しいマタニティライフのレシピです。
544views

安定期といわれる妊娠16週。楽しいマタニティライフのレシピです。

安定期といわれる妊娠16週、子供が生まれてしまったらしばらくは外食も旅行もお預け・・・お医者さんがOK出す範囲で遊びに行きたい!! 逆に気をつけるポイントなどもまとめました。そう遠くない未来にやってくる赤ちゃんの為にもママが楽しくすごすのが一番です。

妊娠16週とは

いわゆる妊娠五ヶ月です。

妊娠16週目の妊婦

へその緒、胎盤などももうしっかりしてきていて、流産などの危険がなくなる時期です。つわりが酷かった人も落ち着くといわれている時期で、軽い旅行など特に体に問題のない方であれば医師の許可をとれば出かけることができます。(個人差がありますので、必ず旅行には医師の許可を得てから行きましょう)

但し・・・。ママの食欲が出始めるのもこの時期です。昔と違って今は、胎盤+羊水+赤ちゃんで7Kgほどの体重増減しか許されません。産んだ後のママの体型もこの時期にかかっているといっても過言ではないでしょう!気を引き締めていきましょう。

旅行もOKとはいえ長時間同じ姿勢をとることは好ましくありません。旅行でなくても、家でPCをさわっていたりしても長時間同じ姿勢でいないように気をつけましょう。
また、旅行がOKとはいえ混雑の予想されるテーマパークなどは転倒の恐れがあります。一人の体ではないということをしっかり頭にいれましょう。

赤ちゃんはどんな感じ?

妊娠中期に入り、胎動もかなりはっきり伝わるようになります。お腹の赤ちゃんが手を伸ばしたり動かしたりするのでママもかなり妊婦感を楽しめます。
まだまだ赤ちゃんが小さく羊水の中を泳ぎまわっているような感じになりますが、骨や筋肉が発達し、まぶたができるので、昼と夜、光と闇を感じることができます。飲み込んだりしゃっくりをしたりなどもし始めます。

ママが気をつけたいこと

急にお腹が大きくなります

お腹が急に大きくなるので、腰痛や背中、股関節に痛みを感じる人もいるようです。マタニティ雑誌などにのっている妊娠中期に行いたいストレッチなどを積極的に行いましょう。地道な努力が安産へとつながります。

楽しみもあります

母子手帳に書くことが増えます

安定期からの楽しみ

母子手帳など、妊娠記録などをつける人はこの時期になると胎動など書き込むことが増えてきて楽しくなってきます。

おっぱいのお手入れもしましょう

乳頭の手入れをしましょう。お腹の張りがある人はNGですが、特に助産師や医師などから指摘を受けていないのであれば、一日5分くらい清潔な手でマッサージしましょう。

コレ使ってみましょう

腹帯

欧米人は腰の筋肉が発達しているので腹帯は必要ないそうですが、日本人を含めアジア人は小柄で腰の筋肉も協力ではないので昔から犬の日につけていました。巻き方が面倒ですが、今はガードルタイプのものがあるので簡単です。

キャリネス ボディクリーム

円定期からの様々な予防策

妊娠線予防クリームです。妊娠線というとお腹だけと思いがちですが、実はお尻もお腹の赤ちゃんを支える骨盤が開くために急激に大きくなります。
また胸も乳腺の発達により肉割れしやすくなります。お腹、お尻、胸(乳首をのぞいて)にお風呂上りにマッサージするように塗りましょう。こちらは保湿力も高くのびがよいことで多くのままの支持を得ています。

妊娠16週アレコレ

受精(妊娠1週目)から始まって出産まで10ヶ月といわれる期間で体もだんだんと赤ちゃんになれてきて精神的にも肉体的にも一番落ち着く時です。赤ちゃんの為の小物を作ったりと楽しみましょう。

ネット上では妊娠16週とキーワードを入れるだけで、同じような人の写真が掲載されていたり、コミュニティやSNSなど色々な情報が手にはいります。些細なことで悩まないで、人に聞きにくい質問もこういうものを利用するのもお勧めです。

PR