安産祈願の戌の日、腹帯について。腹帯の付け方とは?
454views

安産祈願の戌の日、腹帯について。腹帯の付け方とは?

安定期に入ると腹帯を付けますが、腹帯の付け方は意外と難しいと言われています。この記事では、上手な腹帯の付け方を紹介します。また、安産祈願を行う戌の日と腹帯の役割や種類についてもまとめています。安定期に入る前に知っておきたい知識ですね。

安産祈願と腹帯の役割

安産祈願とは?

日本では、妊娠5ヶ月の安定期に入ると安産祈願を行います。その安産祈願を行う日が「戌の日」です。戌の日とは十二支のうちの1つで、1ヶ月に2回から3回あります。妊娠5ヶ月の戌の日に安産祈願を行うことで、安産になると信じられています。

安産祈願の役割

戌の日の戌とは、犬を表しています。なぜ犬が安産祈願と関わりがあるのか疑問に思う人も多いかも知れません。犬は1度にたくさんの赤ちゃんを産むことや、他の動物よりも楽にお産することから、古くから犬が安産の神として大切にされてきました。

腹帯の役割

腹帯の役割として、冷え対策が挙げられます。妊娠中の冷えは様々なトラブルの原因となるため、冷え対策を徹底しなければなりません。腹帯をお腹に巻くことで、お腹を冷えから守ってくれます。また、冷えだけでなく衝撃を緩和する役割もあります。

腹帯の役割

安定期頃になると、次第にお腹も大きくなり始めます。お腹が大きくなると姿勢が悪くなり、腰に負担が掛かってしまいます。腹帯は、このように姿勢が悪くなるのを防ぐ役割を果たします。腹帯によって腰を支えることで、腰痛を予防することもできます。
大きくなったお腹に腹帯を付けることで、母親になる自覚がより一層高まります。このように、お腹を守るだけでなく母親としての自覚を持つためにも腹帯は欠かせないものなのです。

腹帯の付け方

腹帯は、戌の日に神社で祈祷してもらうのが一般的です。事前に腹帯を用意して戌の日を迎える場合もあれば、祈祷してもらう神社で腹帯を購入できる場合もあります。戌の日の前に、祈祷をお願いする神社に確認することをおすすめします。

日本では習慣となっている腹帯ですが、さらしタイプの腹帯の付け方は意外と難しいと言われています。慣れるまではなかなかうまく付けることができないため、旦那さんや家族にお手伝いをお願いしましょう。

腹帯用のさらしは約5メートル程の長さです。これより長い場合は事前に切っておきましょう。さらしは縦半分に折り、くるくると丸めておきます。
縦に折った折り目を下にして、おへその下あたりから巻き始めます。腰に1回りさせ、2周目に入るところでさらしを折り返します。2周目を同じく巻いていきます。その後、お腹がすっぽりと隠れるくらいまで、さらしを同じように巻いていきます。お腹全体に巻き終えたら巻き終わりを中に折り込みます。

このように腹帯の付け方を文章で読むと簡単そうに思えますが、実際にやってみると難しいと感じる人が多いようです。腹帯の付け方のポイントは、腰周りをしっかりと巻き、お腹周りはきつすぎない程度に巻くことです。腰周りをしっかりと巻くことで、お腹を支える効果が高まります。

腹帯の種類

腹帯の種類

一口に腹帯と言っても、種類はいくつかあります。上記で付け方を紹介したのは、さらしタイプの腹帯です。さらしタイプは通気性が良いため夏に重宝する腹帯です。また、巻き方によって締め付け加減を調整できるため、妊娠後期まで長く使えるというメリットもあります。しかし、上記で紹介したように付けるのが面倒というデメリットもあります。

さらしタイプ以外にも、腹巻タイプやガードルタイプの腹帯があります。腹巻タイプの場合、筒状なので付け外しが楽に行えます。伸縮性に優れているため妊娠後期まで使えるものもあります。しかし、夏は蒸れやすくあせもの原因になり兼ねません。
一方でガードルタイプはマジックテープ付きのものが多く、付け外ししやすい作りになっています。しかし、サイズが決められている場合には妊娠後期にお腹を締めつけすぎてしまう危険性があります。

どんな種類の腹帯を使用するかは、季節や使いやすさを考慮して決めましょう。

PR