妊娠中期のおりものは量が増えてもOK!でもこんな症状には注意
49,252views

妊娠中期のおりものは量が増えてもOK!でもこんな症状には注意

妊娠中期のおりものは量が増えるのが普通です。でもいつもと違うおりものが増えたら、異常が無いかチェックしてみましょう。妊娠中期で起こるおりものの変化と、異常な症状について紹介しています。病院を受診する目安にしてみてください。

妊娠中期はおりものが増えるのが普通です

妊娠中期のおりものは量が増えても問題ない

妊娠すると女性ホルモンの変化によりおりものが増えます。

おりものとは膣から分泌される粘液のことで、ばい菌から体を守ってくれています。膣内には良い働きをする常在菌が存在し、自浄作用によりばい菌など有害な物質を排泄する働きがあるのです。

このおりものは特にエストロゲンの分泌量が増えることで増加しやすくなっています。これにより膣内は酸性に保たれ、膣からばい菌が入り込まないようにしたり、カビが繁殖しないよう対処してくれます。

正常なおりものの状態

おりものは透明、または乳白色をしています。少し粘りがあり、膣内が酸性に傾いているため酸っぱいようなニオイがします。ニオイ自体はそれほど強くなく、膣内が清潔に保たれていれば異常なニオイはしません。

妊娠中期のおりものは自然と量が増えますから、量が多いのは特に問題はありません。もし量が多くて気になるようなら、おりものシートを付けてこまめに取り替えたり、シャワーを浴びるなど清潔に保つようにすると良いでしょう。

こんなおりものは注意が必要

妊娠中期のおりもので血が混じったり緑がかっているときは要注意

妊娠中期であきらかにおりものの量が多く水っぽい場合、ニオイや色に変化が見られる場合は注意しましょう。破水してしまった可能性や、感染症の恐れがあります。

色が変化する場合は、おりものに血が混じり何らかの異常が見られているかもしれません。そのほか痒み、ただれの症状も受診することをおすすめします。

では具体的に4つの異常について紹介していきます。

1・おりものに血液が混じる

子宮頚管ポリープなどにより性交や内診の刺激で出血している可能性があります。内診で問題がなければそのまま妊娠の継続が可能で、処置が不要な場合もあります。出血は少量で済みやすく、内診の後に症状が出る方は医師に相談してください。またピンク色や茶褐色のおりものは、切迫流産・切迫早産の危険性もあります。一度受診し問題ないか確認してもらいましょう。

2・緑色のおりもの

細菌による感染症の可能性があります。

大腸菌などごくありふれた菌の感染の場合もありますから、自然に治ることもあります。ただし妊娠中は黄体ホルモンの量が増え、膣内の酸性度が低下し、自浄作用が低下することがあります。なかなか治らないなら膣内に錠剤を入れ、殺菌する治療をしてもらいましょう。

3・ボソボソとしたヨーグルト状のおりもの

カンジダ膣炎の可能性があります。

ひどくなると陰部の痒み、ヒリヒリした痛みなどを感じます。これも自然と治ることがありますが、妊娠中の自浄作用の低下により長引くようなら膣内に抗生物質を入れてもらいましょう。

4・水っぽいおりもの

常に水が流れ出ているような感じがしたり、水っぽいおりものの量が多い場合は破水も考えられます。

ナプキンを当てるほど量が多いなら、早めに病院に連絡し受診してください。

赤ちゃんへの影響は?

妊娠中期のおりものの異常の赤ちゃんへの影響

おりものの異常でみられる感染症などは、早めに適切な治療をすれば赤ちゃんへの影響は少なくなっています。治療も膣に錠剤を入れるなどの方法ですから、お腹の赤ちゃんへの影響が少ない方法で対処できます。

ただし、感染症の中には進行すると赤ちゃんへの影響を及ぼすものがあります。膣炎をこじらせ絨毛羊膜炎になると早産の危険性が高まったり、カンジダ膣炎が赤ちゃんまで広がる、性感染症は結膜炎や肺炎を起こすことがあります。

妊娠中でも避妊具を付けることで感染症予防となりますから、対処してください。また、入浴時には石鹸でゴシゴシ洗うのは避け、シャワーで流す程度にしましょう。膣内の常在菌が洗い流されると感染症にかかりやすくなります。

PR