赤ちゃんが急速に成長する妊娠中期の栄養で大切なものは?
45views

赤ちゃんが急速に成長する妊娠中期の栄養で大切なものは?

妊娠初期のつわりから解き放たれ、急速に食欲が戻ると暴飲暴食をしてしまう妊婦さんもいるかもしれません。でも赤ちゃんの成長に合わせた妊娠中期の栄養についても、考えたほうがよさそうですよ。妊娠中期に不足しがちな栄養について調べてみました。

妊娠初期と中期の違い

妊娠中期の赤ちゃんは?

妊娠16週からは妊娠中期となり多くの妊婦さんたちはつわりから解放されます。

つわりの時期はとにかくつらくて食べれるときに食べたいものを食べていたと思います。妊娠初期の赤ちゃんは体のあらゆる器官の基礎を形成する時期ですが、それほど多くのエネルギーを必要としませんので、お母さんがそのような食生活でも大丈夫なんですね。

またお母さんが摂取した栄養はお母さんの体にためています。でも妊娠中期になると赤ちゃんもそれぞれの器官を成長、発達させる時期に入り、急速に成長します。お母さんの体からも一気に栄養やエネルギーを摂っていきます。

妊娠中期の赤ちゃんは?

食欲が戻る妊娠中期

つわりから解放されたお母さんも、どんどん食べたくなりますね。

でもむやみやたらと食べると体重が増えすぎて難産になったり、偏った食事をすると妊娠高血圧症候群や妊娠糖尿病の原因になったりします。逆にスタイルを気にして食べなさすぎると十分な栄養が赤ちゃんに行かず低体重などのトラブルになります。

食欲が戻る妊娠中期

妊娠中期の栄養素で気を付けたいもの

妊娠初期は、赤ちゃんのことを考えてあれやこれやと調べるものですね。

でもつわりが治まって食欲が出始めると反動のように食べたくなったり、つわり中のように好きなものを好きな時間に好きなだけに食べる生活をしがち。でも妊娠中期の栄養についてもきちんと気を付けたいですね。

妊娠中期の赤ちゃんは成長スピードが速く、妊娠20週位になると、生まれてからする動きのほとんどができるようになります。このころから胎動を感じる人も多いですね。

また妊娠24週位で形成された器官の機能も出来上がりつつあり、多くの栄養とエネルギーを必要とします。どのような栄養に気を付ければいいのでしょう。

妊娠中期の栄養素で気を付けたいもの

妊娠中期の栄養-カルシウム

カルシウムは女性にとってもともと大切な栄養素であると認識されていますが、「骨」という観点からしか見ていないこともありませんか?もちろん骨を形成する上でカルシウムは大切なものですが、それ以外にも神経での情報伝達や筋肉の運動などにもカルシウムは必要です。

このように普段でもカルシウムは必要なのに、赤ちゃんも自分の骨や歯の成長のためにお母さんの体からカルシウムを摂取していきます。そのときお母さんの血液や組織にカルシウムが不足していると、赤ちゃんはお母さんの骨からどんどんカルシウムを摂っていってしまうんですね。

妊娠中はお母さんの体もカルシウムを節約するようにはなるようですが、妊娠以前に骨密度が低い人は出産後に骨が弱くなるようです。体で作りだすことのできないカルシウムは食事で摂取しないといけません。

1日の摂取量の目安は、普通の成人女性が、600ミリグラムに対して妊婦さんは700~900ミリグラムとされています。食品に含まれるカルシウムの含有量をみると、牛乳100グラムで約110ミリグラム、桜エビ100グラムで約690ミリグラム、ししゃも100グラムで約350ミリグラム、小松菜100グラムで約150ミリグラムとされます。

牛乳でとるのが効率よさそうですが、乳脂肪のことを考えると大量には飲めませんし、ししゃもも塩分の問題などありそうですね。いろいろな食材を組み合わせて取りましょう。また、ビタミンDとともに摂取すると吸収率がよくなります。きのこと小松菜のお浸しなどいかがでしょう。

妊娠中期の栄養-カルシウム

妊娠中期の栄養-鉄分

赤ちゃんが大きくなれば当然血液の量も増加します。妊婦は妊娠前より2倍、3倍の血液量が必要とされていて、鉄分が不足しがちです。

妊娠中期以降に貧血になる妊婦も多く、筆者も自覚症状はなかったものの、妊娠中期の血液検査で鉄分不足と言われ、錠剤が処方されました。しかも前もって鉄分のサプリメントもとっていたのに、です。医者にこのままサプリも飲んでもいいか、と聞いたら「それでも足りなかったということでしょう?」とダメ押し。本当に鉄分は不足するんですね。

妊婦さんにとって鉄分は一日19.5ミリグラムは必要です。豚レバーは100グラム当たり13ミリグラムと多いですが、動物性の鉄分ばかり毎日大量に取るのはよくないそうです。植物性の鉄分、例えばひじきやきな粉などは大丈夫ですがそんなに大量に食べれませんね。貧血の症状のある方は早めにお医者さんに相談しましょう。また鉄分は吸収率が悪いのでタンパク質と一緒に摂取するのがおすすめです。

このように赤ちゃんが大きくなる妊娠中期の栄養にはかなりの量が必要です。バランスのとれた食事とともに意識して摂取したいですね。

妊娠中期の栄養-鉄分

PR