妊婦さんのトラブルに多い「妊娠中期の頭痛」について知ろう
14views

妊婦さんのトラブルに多い「妊娠中期の頭痛」について知ろう

妊娠中期の頭痛は、初期とも後期とも違った要因が考えられます。 妊娠前から頭痛持ちというかも女性には多いと思いますが、実は妊娠によって頭痛が無くなった人や逆に頻繁に頭痛になる人もいて、要因の特定はなかなか難しいものです。 そこで、少しでも原因を取り除けるような妊娠中の生活のヒントを探ります。

妊娠中期の頭痛

妊娠前から片頭痛持ちの方は薬のことも心配かと思いますが、じつは妊娠中期は片頭痛が起こりにくいと言われていること、知っていましたか?

女性ホルモンの分泌量が高めで安定するためなのだそうですが、もちろんみんなが片頭痛が減るというわけではありませんし、やっぱり妊娠中でも頭痛におそわれることもあります。

妊婦さんのカラダのトラブルとして、便秘や出血などとともに「頭痛」に悩む方も少なくありません。

今回は、妊娠中期の頭痛について調べていきたいと思います。

妊娠中期の頭痛

なにが頭痛を引き起こしているか

まず、自分のその頭痛どんな痛み方か説明できますか?

妊娠中は、ズキンと脈打つような痛みが片側に生じる「片頭痛」、もしくは肩こりなどから頭が締め付けられるように起こる「緊張型頭痛」のタイプが多いです。

つぎに、痛みに気を取られてなかなか考えることに及ばないのですが、「なにが頭痛を引き起こしているか」と考えたことがありますか?

じつはこれはとても大切で、特定するまでは難しくとも、これかなという原因を見つけて取り除くことが次の予防になります。

頭痛が起こる原因となるようなことしていませんでしたか?
昨晩はよく寝て、リラックスして過ごせましたか?

不安で、考えごとをしているだけでもカラダは敏感に反応するものです。

しかし、妊娠中の頭痛の原因は、はっきりした理由は説明することができません。

なにが頭痛を引き起こしているか

妊娠時期の違いによっても

妊娠してから頭痛になることが増えたという方もいます。

これは生理中のようにホルモンの変化が原因による妊娠初期に感じる頭痛で、その場合は妊娠中期には自然に治まることが多い、つわりのようなものと考えられています。

頭が痛い上に急に高熱が出たような場合は、インフルエンザなどの感染症が疑われるのですぐに受診をしましょう。

妊娠後期になってからの頭痛の中には、血液量が増えたことで高血圧症になっていたり、脳血管障害ということもあるので、医師に相談しましょう。

特にもともと高血圧の人の頭痛は気をつけましょう。また、鉄欠乏性貧血の人は、貧血が原因ということもあるそうです。

妊娠時期の違いによっても

妊娠中期の頭痛の原因

妊娠中期の頭痛には、体型の変化に伴う肩こりや腰痛、おなかかばうような前かがみの姿勢などカラダの疲れからくる緊張性頭痛が見られます。

それまでは当たり前だった環境にも敏感に反応してしまうことがあります。臭いや照明の明るさ、旦那さまのテレビの音量、周囲のちょっとした一言などでストレスを感じていることもあります。

不安から育児書やインターネットを何時間も同じ姿勢で読みあさっていませんか?

眼精疲労や長時間の同じ姿勢は頭痛の原因になります。

まただんたん迫る出産に気付かないうちに不安やストレスをためてしまうということも考えられます。

妊娠中期とはいっても状況は日々変化しているのでじつは妊婦に慣れるということはないのかもしれませんね。

妊娠中期の頭痛の原因

なんとか頭痛を鎮めたい

なんとか薬を使用しないで治したいと思うのが妊婦さんではないでしょうか?

まず、眼精疲労や長時間の姿勢のもとになっていることを控えましょう。スマホやパソコンなどから少し遠ざかる生活も必要です。

しかし、仕事などでそれが難しいこともありますので、そんなときは妊娠したおなかに無理のないストレッチやで蒸しタオルなどで血行を促進してみましょう。

自分では改善が難しい場合は、妊婦さんでも施術してもらえるオイルマッサージなどもいいかもしれません。それと、生活全般に言えることは、基本は規則正しく充分な睡眠時間を確保することです。

片頭痛の場合は、拡張した血管を締める必要があるので、首回りを冷やしてくらい部屋で休むと痛みが和らぎます。

なんとか頭痛を鎮めたい

パートナーの手もかりましょう

急激で痛みが強い頭痛や発熱のある場合は、医師の診断を受けましょう。

妊娠中でも飲むことができる鎮静剤を処方してもらうこともできますので、自分の判断で市販薬を服用しないようにしましょう。

覚えておいてもらいたいのが、「まだ痛みが軽いうちに」なんらかの方法で痛みを和らげることがとても大切です。

すぐに安静にすることや、可能であればパートナーの手をかりましょう。寝不足などのときは耳の上の付け根をぐるぐると円を描くようにマッサージするのがおすすめです。

旦那さまに「頭痛もつわりだと」協力を求める作戦で、自分の痛みが和らぐ場所を軽くもんでもらいましょう。

パートナーの手もかりましょう

PR