もしかして乳がん?!妊娠中期に胸のしこりを発見しときに対処法
71views

もしかして乳がん?!妊娠中期に胸のしこりを発見しときに対処法

妊娠中期に胸のしこりができる女性は少なくありません。このような胸のしこりに乳がんではないかと不安に思う人が多いようですが、妊娠中の胸のしこりの多くは乳腺の発達によるもが多く、正常な経過であれば多くの妊婦が経験するものです。乳がんが心配なときには正しく自己検診を行って乳がんかどうかを確認しましょう。

妊娠中期に胸のしこりは乳がん?

妊娠中期に胸のしこりは乳がん?

最近は乳がんになる女性が増えいているため、胸にしこりがあると思うと乳がんではないかと不安になる人も少なくありません。

とくに妊娠中はホルモンの変化で乳がんになりやすいのではないかと心配する人もいます。そのため、妊娠中期に胸のしこりに気がついたときにはどのようにすればよいのか?その対処法を紹介します。

妊娠中のしこりの多くは乳腺の発達が原因!

妊娠中のしこりの多くは乳腺の発達が原因!

まず、知っておきたいのは妊娠して胸が大きくなるのは乳腺が発達するためです。

とくに妊娠中期は胸が急激に大きくなる時期です。これは赤ちゃんが生まれたときに母乳をつくる分泌腺の準備をしているので、順調な妊娠経過であれば誰でもが経験することです。そのときに胸にしこりのようなかたまりができることがあります。

妊娠中に胸にしこりができたときに乳がんと乳腺の膨らみをどのようにして見分けるのでしょうか?

乳がんのしこりの確認法

乳がんのしこりの確認法

乳がんと乳腺の発達によるしこりを見分けるために、乳がんのしこりの正しい確認方法で行います。

多くの人がよくやる間違ったしこりの確認方法として直接胸のしこりに触れて大きさや硬さを確認するというものです。しかし、この方法では乳がんなのか、乳腺の発達したものなのかを見分けることはできません。正しい方法はしこりがある側のうでを外側に大きくのばし、反対の腕で胸をなでるようにさわります。

例えば、右側の胸にしこりがある場合には右腕を大きく伸ばし、左手でしこりがある胸を撫でます。このとき、手にしこりが引っかかる感覚があれば、乳がんである可能性が非常に高いでしょう。しかし、しこりが引っかからず、そのまま胸を撫でることができる場合には乳腺の発達と言えます。

乳がんの場合にはこのような検査法でしこりが「石」のような感触で引っかかります。

妊娠中に胸のしこり驚く人は多い

妊娠中に胸のしこり驚く人は多い

妊娠中の乳腺の発達によってしこりが大きくなることで驚く人は少なくありません。

そのしこりのサイズは人によりますが、大きい人で数センチ以上になることもあります。突然胸に掴むことができるしこりができるので最初は不安に思う人も少なくありません。中には気になって何度もしこりを触って確認する人もいますが、あまりおすすめしません。

このようなしこりができていることに気がついたら、落ち着いて乳がんでないことを上記の方法で確認して、乳がんのおそれがないことを確かめます。

そして、乳がんの可能性がないとわかったら、乳腺の発達なので温めながらマッサージをして乳腺の発達を助けてあげましょう。

妊娠中に胸をマッサージするのは良い?

妊娠中に胸をマッサージするのは良い?

妊娠中に胸のマッサージをすることは乳腺の発達を助け、出産後に母乳の出がよくなるため、妊娠中に余裕がある場合には積極的に行いましょう。その際、マッサージをする前には湯たんぽなどで少し胸を温めてから行うと痛みが少なく、気持ち良さが大きくなります。

また、胸はそのほとんどが脂肪でできているため、冷えるとガンの原因になることもあります。ガン予防のためにも定期的に温めることを意識しましょう。さらに妊娠中の胸のマッサージには胸の形をよくするよいう効果もあります。

妊娠中に大きくなった胸を支えられず、出産後に胸の形が悪くなる女性は多くいます。胸の大きくなる妊娠中の時期からきちんとバストケアをしてバストが垂れることを予防しましょう。

PR