妊娠中期の胃痛で辛い時 原因や対処法までまとめ
60views

妊娠中期の胃痛で辛い時 原因や対処法までまとめ

やっと安定期に入ったと思ったのも束の間・・・。妊娠中期の胃痛で辛いと感じている妊婦さんは少なくないようです。妊娠中期に胃痛が起こる原因とは何でしょうか?薬は飲めるのでしょうか?対処法などをまとめています。

妊娠中期の胃痛、けっこう辛いですよね。

妊娠中期の胃痛、けっこう辛いですよね。やっと安定期に入ったと思ったのに、今度は胃痛に悩まされるなんて・・・。

つわりが治まってこれから自由に動けると思ったのも束の間。妊娠中は一難去ってまた一難。なかなか快適なマタニティライフとはいきません。

妊娠中期の胃痛、どのような原因があるのでしょうか。対処法についてもご紹介します。

妊娠中期の胃痛の原因

まだつわりが続いているのかも

まだつわりが続いているのかも

つわりは妊娠初期に起こるというイメージを持っている方が多いですが、妊娠中期でも起こる事があります。

中には後期や臨月になってもつわりが治まらないという人もいて、非常に個人差の大きいところです。一旦は治まったのに後期になってぶり返したという人もいます。妊娠中期の胃痛もつわりが原因かもしれません。

お腹が大きくなって服が合っていないのかも

お腹が大きくなって服が合っていないのかも

妊娠初期にお腹が全く出ていなかった人でも、中期になって急に大きくなる、ということがあります。

妊娠初期に妊娠前と同じ服を着ていたという人が、お腹の大きくなった中期にそのままの服を着ていたら、お腹や胃が圧迫されて苦しくなることがあるでしょう。

食べ過ぎが原因かも

妊娠中期になるとつわりが治まって、急に食欲が出てくるという人がいます。しかし、食欲に任せて暴飲暴食気味になると翌日胃もたれになったり、胃の粘膜を傷つけたりします。

逆流性食道炎かも

胃が圧迫されて胃酸が逆流している可能性があります。これは逆流性食道炎といって、妊娠中期に起こりやすい症状のひとつです。つわりかと思ったら逆流していたというケースもあります。また、悪化すると産後も辛い症状が続いてしまうことがあり、気を付けなければならない疾患です。

妊娠中期の胃痛を治す対処法

つわり対策をしよう

つわり対策をしよう

お腹が大きくなるため、胃や腸、肺など各臓器が圧迫されて気持ち悪くなることがあります。そのため、食事の量を減らしたり、刺激物を避けるような献立にすると良いでしょう。香辛料が好きでも、唐辛子やガラムマサラのような辛いものは控えてください。

また、外に出て新鮮な空気を吸ったり、気分転換をしたり、水分をまめに摂ることも有効です。

服のサイズを変えよう

中期になっても妊娠前の服を着ているという人は、本当にサイズが合っているのか確認しましょう。そして徐々にマタニティウエアに変えるようにして、お腹の大きさに合わせた服を着るようにしてみてください。

下着も同様です。締め付けるようなものは避け、少し余裕があるくらいのサイズに変えてみてください。

食事の内容を見直そう

食事の内容を見直そう

お腹も大きくなってきて胃が圧迫されるため、一日の食事の回数を増やして一度に食べる量を減らすよう工夫してみてください。おかゆや雑炊など、消化の良いものを食べるようにするのも一つです。ただし、食欲が増したからといって量を増やすのは危険です。消化が追い付かず、胃の中に食べ物が残って胃痛を引き起こすことがあります。量もカロリーも控えめにして普段通りの食事をするようにしましょう。

逆流性食道炎の時は病院を受診しよう

逆流性食道炎の時は産婦人科を受診しましょう。妊婦さんでも服用できる薬を処方してもらえることがあります。市販の薬は飲めないものが多いので、自己判断で服用してはいけません。日常生活においても先生からアドバイスをもらえるので、病院へ行きましょう。

PR