妊娠中期に黄色いおりものは病気のサインかも!?
34views

妊娠中期に黄色いおりものは病気のサインかも!?

妊娠中期に黄色いおりものは膣炎になっている可能性がありますので、すぐに産婦人科を受診しましょう。妊娠中は身体の免疫力が低下するため、普段は酸性に保たれている膣内もバランスを崩すことがあります。そのため雑菌が繁殖しやすくなるため、注意が必要です。

妊娠中期に黄色いおりものには注意が必要

おりものには大切な役目がありました

おりものには大切な役目がありました

妊娠中期に黄色いおりものがある場合には、注意が必要な場合もあります。

妊娠中はおりものの量が増えます。非妊娠時にくらべておりものの量が増えるのには、理由があり、子宮の中を酸性に保つことによって、外のバイ菌の侵入を防ぐ働きと、殺菌効果を高めて、侵入してきたバイ菌を殺す働きがあるのです。

おりもののの中には常内細菌がたくさんあり、常に酸性に保つことによって、妊娠期間中も子宮の中を大切に守ってくれているのです。

正常なおりものはどんな色なの?

正常なおりものはどんな色なの?

正常なおりものは、透明色をしているか、少し白っぽく酸っぱい臭いがします。

妊娠中は乳白色をしており、おりものが酸化すると黄色く変化することもあります。

妊娠中は特におりものの量が増えるため、そのままの状態にしておくと、汗などが混じり雑菌などが湧きやすくなり、不衛生になってしまうため、おりものシートをこまめに変え、常に清潔にしておく必要があります。

注意したい妊娠中期に黄色いおりものとは?

妊娠中は免疫力が低下します

妊娠中は免疫力が低下してしまうため、バイ菌などが入ってしまうこともあります。

普段は常在菌の働きによって酸性を保っているおりものですが、妊娠中のストレスや過労、免疫力の低下、風邪をひいてしまったときにさまざまな膣炎にかかってしまうこともあります。

膣炎にかかると、おりものにも変化が出ます。そこで妊娠中に黄色いおりものが現れたら、気をつける必要があります。

ボロボロとしたおりもの

ボロボロとしたおりもの

妊娠中期に黄色いおりものがあり、痒みをともなっている場合には、カンジダ膣炎になっている可能性があります。

妊婦がかかりやすい膣炎で、風邪を引いた時や、高熱が出た時になりやすい傾向があります。おりものが黄色いだけではなく、ボロボロとしており、チーズやヨーグルト状のおりものが出てきます。

カンジダ菌は常在菌で、誰もが持っている菌でもあります。産婦人科を受診して、膣の洗浄や、膣の中に薬を入れると、治ります。

泡状のおりもの

泡状のおりもの

泡状のおりものが出てきたら、すぐに産婦人科を受診しましょう。

出産時に母子感染する恐れや、早産や流産の可能性も出てきます。これはトリコモナス腟炎で、黄色いおりもののほかに、緑色や、血液が混じっていることもあります。

出産時に赤ちゃんが結膜炎や新生児肺炎、中耳炎になる可能性もあるので、必ず出産までに完治させておく必要があります。

魚の腐った臭いがしている場合

魚の腐った臭いがしている場合

細菌性腟症になっている可能性があります。魚が腐ったような臭いがします。疲労やストレスなどが原因で、おりものが水っぽくなります。妊娠初期に感染すると、早産の可能性が高まります。すぐに病院へ行きましょう。

妊娠期間中は、下着やおりものシートの交換をまめに

妊娠期間中は膣内に雑菌が入りやすい時期でもあるため、下着やおりものシートをこまめに交換する必要があります。またストッキングやピッタリとしたズボンなどは、蒸れる原因となり、雑菌が繁殖しやすくなるので注意が必要です。

妊娠中は疲れ過ぎない!ストレスをためない!

妊娠中期は、安定期に入った頃でもあるため、ついつい油断してしまい身体に無理な負担をかけてしまうこともあるかもしれません。

妊娠中は、身体の免疫力が低下しやすくなっているので、疲れ過ぎないことや、ストレスをためないようにする必要があります。疲れたなと感じたら、無理せずゆっくりとリラックスして休むことも大切です。

PR