妊娠中期に鼻血が出ることはよくあることなので心配いりません
52views

妊娠中期に鼻血が出ることはよくあることなので心配いりません

鼻血を出す経験があまりなかった方も、妊娠中期に鼻血が出ることはよくあります。妊娠中期はお腹の中の赤ちゃんが大きく成長する時期でもあるため、身体の中では大量の血液が作られ、お腹の中にいる赤ちゃんに送られて行きます。そのため血流量も多くなり、鼻血が出やすくなってしまうのです。

妊娠中期に鼻血が出るのはよくあることでした

妊娠中期に鼻血

妊娠中期に鼻血

鼻血が出た経験は、これまでの人生の中であまりなかったという方でも、妊娠中期に鼻血が出ることが頻繁に起こることがあります。
特に、初めての妊娠の場合、妊娠中期に鼻血が出ると、自分の身体や赤ちゃんに何か悪い影響があるのではないかと心配になってしまう方もいるのではないでしょうか。

でも、ご安心ください。妊娠中期に鼻血がでるのは、異常でもなくちゃんとした理由づけがあるからなのです。

血液の流れにのって赤ちゃんに栄養分が送られます

血液の流れにのって赤ちゃんに栄養分が送られます

妊娠期間中は、おなかの中の赤ちゃんは胎盤を通して、ママからたくさんの栄養分と酸素、水分などをもらっています。
妊娠中期になると赤ちゃんの身体も誕生に向けてどんどん大きく成長していく時期でもあるため、たくさんの栄養分を必要としているのです。

栄養分はママの血液によって作られて行くため、大量の血液がママの全身をめぐっています。
血液量は妊娠中期から出産直前までどんどん増えていくため、妊娠中に鼻血が出やすくなってしまうのです。

また血液の量は大量に増えても、血を固めてくれる血小板の数は変わらないため、鼻血が出るとなかなか止まらず、困ってしまうこともあります。

女性ホルモンが増えると自律神経の働きが悪くなる

女性ホルモンが増えると自律神経の働きが悪くなる

妊娠中は初期から出産に向けて、ホルモンの量が増加していくため、自律神経も非妊娠時にくらべて崩れがちになります。
そのため、貧血になりやすく、顔がのぼせてしまうため、鼻血が出やすくなってしまうのです。
また鼻の粘膜も充血し柔らかくなっているため、血管などが切れやすく鼻血が出やすくなってしまいます。

妊娠中期に鼻血が出ないための予防策をご紹介

血が出る部分はキーゼルバッハでした

血が出る部分はキーゼルバッハでした

鼻血が出る場所のほとんどはキーゼルバッハという部分です。
初めて耳にする言葉という方もいるかもしれませんね。

キーゼルバッハは左右の鼻の穴の壁を隔てている内側の部分で、鼻を上から押さえてみると固い部分です。
このキーゼルバッハには、たくさんの毛細血管が集まっているため、のぼせたり、乾燥したり、冷たい空気を吸っただけで刺激となって鼻血が出やすくなるのです。

特に妊娠中期は鼻血が出やすい時期でもあるので、鼻血が頻繁に出やすい方は予防策をとっておきましょう。

予防策はキーゼルバッハを保護することです

予防策はキーゼルバッハを保護することです

どうしたら鼻血を予防することができるのか、その予防策はキーゼルバッハを傷つけないようにすることです。

冬場など乾燥しやすい時期はマスクをして外出をしたり、鼻の中が乾燥しないように気をつけましょう。
部屋の中が乾燥している時は、加湿器を使ったり、寝るときには濡れたタオルを枕元に置くだけでも効果があります。

また馬油やオリーブオイルを鼻の粘膜部分に塗ると、鼻血を予防することができます。
また鼻をかむ時は、やさしくかむこと、鼻の中をいじらないようにすることも大切です。

鼻血を止める方法

鼻血が止まらなくなり困ったという時は、キーゼルバッハ部分を強く押さえると、止血をすることができます。
止血をするときは、できるだけ顔を上に上げた状態で、座るか立った状態で、キールバッハ部分を押さえます。
5分ほど押さえると鼻血を止めることができます。

PR