妊娠中期に胸が張るのはなぜなの!?乳腺炎の可能性があるってホント!?
92views

妊娠中期に胸が張るのはなぜなの!?乳腺炎の可能性があるってホント!?

妊娠中期は安定期と呼ばれている時期のことです。安定期に入るとつわりもおさまり、妊娠生活も穏やかなものになっていきますが、実は妊娠中期でも体には様々な症状が現れているのです。妊娠中期に胸が張る、お腹が張るなどの症状や、妊娠中期に気になる体の変化についてまとめてみました。

妊娠中期に胸が張ると苦しくて仕方がない・・

妊娠中期になると、胸が張って苦しい…

妊娠中期になると、胸が張って苦しいと感じる妊婦さんが多くなってくると思います。もしかすると大きな病気が陰に潜んでいる可能性もあるので、まずは胸が張る原因を知るところから始めましょう。

そして、自分の胸の張りの症状と原因とを比較して、自分の胸の張りはいったいどういう物なのか理解してく必要があります。

このことは、胸の張りだけでなく、様々な妊娠中の症状全てに言えることなので、しっかり原因は知っておきましょう。

妊娠中期の様々な症状の原因はコレだ!

ホルモンバランスの変化!

ホルモンバランスの変化!

妊娠中のほとんどの心身の症状の原因に当てはまるのが、ホルモンバランスの変化です。生理前に様々な症状が現れるのと同じで、妊娠中にも2種類の女性ホルモンの分泌バランスが乱れるため、体に様々な症状が現れます。

体に何の異常も見つからない場合は、この原因であることがほとんどです。普段からホルモンのバランスを乱さないような生活を心がけることが大切です。

もしかしたら乳腺炎になっているかもしれません!

もしかしたら乳腺炎?!

胸にしこりができていたり、痛みを伴ったり、酷いと微熱を伴ったりする場合には乳腺炎の可能性が考えられます。

妊娠中は、母乳を作るために乳腺が発達していきます。これによって、乳腺に母乳の一部が詰まってしまったりすると乳腺にしこりのようなものができてしまったり、胸に痛みを感じるようになります。

乳腺に細菌などが感染すると症状が悪化してしまうこともあるので、常に清潔に保つようにしましょう。

胸が張る以外にもいろいろな症状があるんです!

お腹が張りやすくなる時期!

妊娠中期になると動ける範囲が広がってしまうので、仕事や家事などを頑張ってしまいがちです。

重い物を持ったり、長時間立ちっぱなしの作業などをすると、お腹が張りやすくなってしまいます。お腹に力を入れてしまうと、早産や流産のリスクを高める原因になるので、無理のない範囲で活動するようにしましょう。

任せられる仕事は他の人に任せたり、家事もできるだけ家族に手伝ってもらうようにしましょう。

便秘や頻尿などになります!

妊娠中期に入ると、お腹がどんどん大きくなり、他人から見ても妊婦だということが分かるくらいになってきます。

赤ちゃんの成長に伴い子宮がどんどん大きくなっていくことによって、胃や腸、膀胱などの子宮の周りの臓器が圧迫されていきます。このことによって食欲が減退したり、膀胱の圧迫によって頻尿になってしまったり、腸の運動を妨げてしまうことによって、便秘になってしまうのです。

無理のない範囲で運動をしたり、食べ物はこまめに食べるなどの工夫をすることが大切です。

頭痛は辛いんです!

頭痛は辛いんです!

頭痛に悩まされる妊婦さんはとても多いです。

この頭痛は、ホルモンバランスの乱れが原因になっているもののほかに、もともと持っている頭痛や、肩こりなど体の疲れやストレスなどが原因になっている頭痛、そして血圧の上昇が原因となった頭痛など、いろいろな種類の頭痛があります。

医師に相談したり、痛いところを症状に合わせて、温めたり冷やしたりすることで痛みを和らげます。薬は医師との相談なしで飲むのは絶対にやめましょう。

PR