妊娠中期にお腹が苦しい・・!お腹の中で何が起きているの!?
485views

妊娠中期にお腹が苦しい・・!お腹の中で何が起きているの!?

妊娠中期には、お腹が苦しいと感じる妊婦さんが増えます。苦しいのは赤ちゃんが大きくなっている証で嬉しいことなのですが、辛いつわりを乗り越えたら今度はお腹の苦しさに悩まされるなんて嫌ですよね。少しでも苦しさを解消する方法について、また、妊娠中期の過ごし方の注意点もまとめました!

妊娠中期にお腹が苦しいのはどうして!?

妊娠中期というのはいわゆる安定期のことです。
初期のつわりを乗り越えて、流産のリスクが一番少ない時期に入った矢先、多くの妊婦さんを悩ませるのはお腹の苦しさだと思います。

妊娠中期に入るといよいよお腹が大きくなりはじめ、見た目も妊婦さんらしくなっていきます。それ故、座ったりする時や、寝たりする時にはお腹が邪魔になり、胃や腸、膀胱なども圧迫されていきます。

食後は気持ち悪くなったり、トイレが近くなってしまったりもします。このような苦しさはすべて、赤ちゃんが大きく元気に育っている証拠だと割り切って付き合っていくことが大切です。

でも苦しい・・少しでも紛らわすためにはどうしたら!?

赤ちゃんのためだといっても辛いものは辛いですよね。ただでさえ大変な妊娠中の生活で、少しでも苦しさを紛らわす方法をご紹介します。

寝方は特に工夫が必要!

仰向けやうつ伏せで寝るのはとても苦しいと思います。
妊娠中はシムスのポーズといった妊婦さんにやさしい寝方をするのがお勧めです。

シムスのポーズは体の左側を下にするように横になったら、上半身はうつ伏せに近い形にし、左の手と足を後ろに曲げるようにします。右手と左手は前に持ってきます。

この寝方をすることによって睡眠中赤ちゃんが酸欠状態になるリスクを低くすることができます。

服装をゆったり目にしてみて!

お腹の成長を妨げないようにゆったりとしたマタニティウェアを

苦しさを感じるようになったら、お腹の成長を妨げないようにゆったりとしたマタニティウェアに切り替えるようにしましょう。

デザイン性の高いものから機能的なものまで幅広く展開されているので、自分の気に入ったものを選んでおしゃれを楽しんでみてください。

妊娠中期の過ごし方の注意点をご紹介!

妊娠中期というのは安定期ですが、安定期だからと言って油断はできません。

妊婦という自覚をもつことが大切です。妊娠中期の過ごし方について注意したい点があるのでしっかり知っておきましょう。

食べ過ぎに注意!

食べ過ぎに注意!

つわりが終わると今まで満足に食べることができなかった分、食欲がわいてくることがあります。

もちろん、苦しさでご飯なんて食べたいと思わないという方もいるので、個人差があります。食欲がわいてきた場合には、食べ過ぎることは体に良くない上に、体重が増えすぎてしまったりします。

食べるものにも気を配らないと、赤ちゃんの健康にも影響してしまうので注意が必要です。

動きすぎに注意!

動きすぎに注意!

妊娠中期になると、苦しさを感じない時には比較的過ごしやすくなります。
流産のリスクも低くなるので家事や仕事などを頑張りすぎてしまう方が出てきます。

いくら安定期だからと言っても全く流産しないというわけではありません。動きすぎるとお腹が張ってしまったり、早産などにもつながるので気を付けましょう。

いろいろな病気にかかりやすい時期なので注意!

気が緩んできたり、疲れがたまって特に風邪やインフルエンザなどの病気にかかりやすくなるのが妊娠中期。

妊娠中に病気になってしまうと普段の治療を行えない場合が多くなるので、外出時にはマスクをしたり、帰宅時には手洗いうがいを徹底するなど予防に努めていくことが大切です。

PR