痛くてつらい・・妊娠中期の頭痛対策は一体どうしたらいいの!?
53views

痛くてつらい・・妊娠中期の頭痛対策は一体どうしたらいいの!?

妊娠中期のトラブルにはいろいろなものがあります。今回は中でも特に悩む方が多い頭痛を中心にご紹介したいと思います。妊娠中に頭痛になってしまうとむやみに頭痛薬を飲むことができなくなってしまうので困ってしまいますよね。妊娠中期の頭痛対策はどうしたらよいのかについてまとめてみました。

妊娠中期の頭痛対策を始める前に原因を知ることが大事

妊娠中期にかかわらず妊娠中というのは体に様々な症状が現れます。その中でも頭痛はとってもつらいものですよね。どの症状に対しても対策を始める前にはまず原因を知ることが大切です。

妊娠中のトラブルの原因のほとんどはこれ!

妊娠中のトラブルの原因のほとんどはこれ!

妊娠中に引き起こされる心身の様々なトラブルの大きな原因となっているのがホルモンです。女性の体は黄体ホルモンと卵胞ホルモンという2種類のホルモンのバランスで生理が毎月やってきたり、妊娠のために体が変化したりします。変化したホルモンバランスによって頭痛をはじめとしたいろいろな症状が現れるのです。

体の疲れやストレスによるもの

体の疲れやストレスによるもの

妊娠中はおなかに大きな赤ちゃんを抱えているため、肩や腰などに負担がかかるようになります。また、行動の幅も狭まり、思うように生活できないことや、出産などの不安などによって疲れやストレスがたまりやすくなります。

疲れによって肩こりなどの症状が重くなってしまうと、頭痛の原因になってしまいます。ストレスがたまって体が常に緊張している状態になると脳の血行が悪くなってしまい頭痛を引き起こしてしまいます。

妊娠中は高血圧になりやすいので注意!

妊娠中は、おなかの中の赤ちゃんにも血液を十分に供給するために血圧が上がります。血圧が上がると血管の太さがいつもよりも太くなり、周りの神経を圧迫するようになります。

これによって頭痛が引き起こされてしまいます。高血圧になる妊婦さんは多いのですが、あまりにもひどいと危険な場合があるので、何か体に違和感を感じたらすぐに医師に相談するようにしてください。

もしも頭痛が起きてしまったらどうしたら良い!?

妊娠中に頭痛になった時にはすぐに薬を飲んで痛みを抑えるのではなく、おなかの中の赤ちゃんの安全も考えた対策を行わなければいけません。誰にでもできる対策法をご紹介します。

とにかく痛いところを温めたり冷やしたりする

とにかく痛いところを温めたり冷やしたりする

肩こりなどが原因になっている場合は、肩の筋肉の血行が悪くなってしまっているということなので、血行を良くするために温めます。マッサージなども有効です。

血圧が上がってしまっている場合や偏頭痛などが原因の場合には、冷やします。この場合に温めてしまうと、さらに血行が良くなって血管が広がり神経をより強く圧迫してしまうことにつながります。

ストレスをためない生活を心がけよう!

ストレスをためない生活を心がけよう!

頭痛の大きな原因になっているストレスを、ためないような生活を送ることが大切です。特に睡眠は大切です。妊娠中はおなかが大きくなって寝苦しいと感じることがあると思います。シムスポーズなど、自分が一番楽ちんな姿勢で眠れるように工夫をしてみてください。

また、無理をするのはやめ素直に周囲の人に頼るようにしたり、運動不足の解消に適度な運動を行うようにしましょう。気分転換にもなるので不安も吹き飛びます。

薬を使う場合には必ず医師と相談すること!

どうしてもすぐに痛みをどうにかしたいときは薬を使いたいですよね。赤ちゃんに悪影響を与えない薬もあるので、飲むことはできます。ただし、飲む場合には事前にしっかりと医師に相談してから、医師の助言に必ずしたがって飲むことが大切です。

PR