なかなか寝れない。妊娠中期に眠れない原因とは?
254views

なかなか寝れない。妊娠中期に眠れない原因とは?

眠りたいのに寝れない。寝れないことで、赤ちゃんに何か影響があるのではないか。成長ができないのではないか。妊娠初期で終わると聞いていた不眠症。まだ解消されないんだけど。と不安になって余計に寝れない。なんて悪循環が続いていませんか?妊娠中期に眠れない原因、対処法を紹介していきたいと思います。

寝たいのに寝れない!妊娠中の寝付きの悪さについて

寝たいのに寝れない!妊娠中の寝付きの悪さについて自分のお腹の中に命が宿るって、何回経験しても不思議なものです。妊娠中は、人により様々な症状が出てきます。妊娠したことにより、体は胎児のために大きく変わるのです。この変化により眠れなくなる方もいるようです。またその逆で眠たくなる人もいます。私は後者でした。いつも以上に眠たい。お昼寝をしたはずなのに眠たい、まるで幼児のようだ・・・と思ったこともあるくらい眠たくなりました。これは、妊娠で体が変化していく過程で眠たくなるホルモンを出しているからということでした。ただ、眠たい!より、寝れない・・・方のほうが辛い状態になってしまう場合もあります。寝れない・・・の原因は何でしょうか。

寝れなくなってしまう原因に女性ホルモン?

寝れなくなってしまう原因に女性ホルモン?自分ひとりの体じゃないから、早く寝なくちゃ・・・と思えば思うほど、寝れなくなっていってしまいます。自分を責めずに、まずなぜ寝れなくなってしまうのか、原因をみていきましょう。
はじめに、妊娠中分泌される女性ホルモンのお話をします。女性ホルモンは、エストロゲンとポロゲストロンの2つに分けられ、妊娠することでこのホルモンのバランス変わっていきます。そのため、妊娠初期はホルモンバランスの変化に身体が追いつけず、様々な症状となって現れます。妊娠初期は体温を高く保つ働きをする、ポロゲステロンが多く分泌されます。妊娠を継続させるために必要なポロゲステロンは睡眠を促す作用があり、多く分泌される妊娠初期は、強い眠気に襲われることがあります。
このポロゲステロンですが、睡眠作用があることで不眠には無関係のように思えますが、前途したように、体温を高く保つ作用も持っています。人は、体温が高いままだと眠りにつくのが難しいのです。そのため、妊娠初期の方は眠くても眠りにつきにくい、また寝ても深い眠りにつきにくくなると考えられ、寝ても寝たりないなどの症状がでることがあります。
妊娠中期に入ると、ポロゲステロンの分泌が徐々に安定した状態になっていきますので、体温は下がっていきます。しかし、せっかく安定していくと思っているところに、妊娠後期にかけて、もう一つのホルモンのエストロゲンの分泌が増えていきます。このホルモンはなんと睡眠を浅くする働きを持っており、この作用によって、分泌が増えることで眠りにくくなってしまうのです。この2つのホルモンの分泌によって、妊娠中には様々な睡眠障害が引き起こされることがあるのです。

妊娠中期の体の変化が原因

妊娠中期は「安定」した状態の時期です。安定期に入ると、腹帯を巻いて戌の日にお参りに行くのが一般的です。中期から、だんだんとお腹が出はじめ、胎動を感じ始めます。喜びの一方で、普段うつぶせで寝ていたのに寝れない、出はじめたお腹が内臓を圧迫して寝にくいなどの今までとは違う体の変化によって、睡眠が上手に取れなくなってしまいます。胎動に過敏に反応してしまって寝れなくなってしまうこともあるようです。

寝れない時の対処法はあるの?

寝れない時の対処法はあるの?まずは、寝る前にゆっくりお風呂に入りましょう。子供のころは、肩までつかりなさい。とよく言われたものですが、逆に疲れてしまう入浴法なので、ぬるめのお湯(39℃前後)で胸のあたりまでつかってみましょう。入浴剤もたくさん種類があります。自分の好きな入浴剤、またはお風呂で使えるアロマオイルを使ってリラックスしてみてはいかがでしょうか?
これは、妊娠中期に限らず、妊娠中すべての期間に当てはまる対処法かと思います。
逆に寝る前にやってはいけないこともあります。それは、携帯・スマートフォン・タブレット・PCを眠る前に見ないことです。これらの端末からは、ブルーライトという光が出ています。この光は脳に影響を与え不眠の原因となります。布団に入りながら、携帯をいじるのはやめましょう。
他にも、カフェインの入った飲み物を寝る前は控えましょう。妊娠中の方は、よく聞くと思いますが、妊娠初期にカフェインの入った飲み物を大量に摂取すると必要な栄養素の葉酸が胎児に届きにくくなるとされています。一日コップ2~3杯までなら飲んでも大丈夫なようですが、寝る前はもとより、妊娠中の摂取はある程度控えるのが望ましいかと思います。
寝付きにくい時は、パートナーにお話を聞いてもらうのもいいかもしれません。
自分に合った対処法で、素敵なマタニティーライフを楽しんでください。

PR